香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

開きっぱなしの日常

f:id:shusaku1:20210414224811j:plain

 

 

今日は2週間ぶりに、トレーナーと筋トレをした。

 

胸の筋肉は、すでにある程度仕上がったので、

 

これからは、背中を重点的に鍛えていくという。

 

それで、背中ばかり4種類のマシーンをやった。

 

ガンガン追い込まれ、もう息も絶え絶えだった。

 

背筋って地味な筋肉だが、ここを発達させると、

 

逆三角形の男らしい背中になるらしい。

 

それに最近少し痩せすぎなので、もうそろそろ、

 

炭水化物を増やした方がよい、とも言われた。

 

えっ、痩せすぎ? おお、なんて素敵な言葉!

 

 

f:id:shusaku1:20210412224630j:plain

 

 

話は変わって、最近瞑想をしている時だけでなく

 

一人電車に揺られている時、道を歩いている時、

 

スーパーでレジ待ちをしている時、カフェにいる時

 

果ては、仕事中、会議中、入浴中、食事中など、

 

あらゆるシーンで、背後の神に開いていることを

 

意識しながら過ごしている。

 

ヒマさえあれば、背後の無限の全体へと開き、

 

ハートの愛の歓びに気づきながら生活している。

 

以前は、意識が前のめりになっていたり、

 

恐怖や不安を感じたり、瞑想をしている時だけ、

 

背後に在る無限の存在(神)を想い出していた。

 

しかし今は、少しでも一人の時間ができると、

 

即座に背後へと還り、開いたままにしている。

 

なぜ意識的にこういうことをやるかというと、

 

やはり、肉体を持って夢の世界に存在していると

 

すぐに背後を忘れてしまうので、こういう日常の、

 

コマ切れの時間に〝気づいて戻る〟ことは、

 

とても大切だ、と思ったのだ。

 

 

例えば、スーパーのレジで順番を待ちながら、

 

ずっと、背後側の神へと〝開いた〟感じでいる。

 

何かを得ようとか解決しよう、という意図を持たず

 

ただ、背後に向けて、オープンに広がっている。

 

 

そうやって、何度も何度も繰り返しているうちに、

 

なんか、軽い瞑想状態で日常を送るようになり、

 

その瞬間、意識は無限へと拡大している。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

だが、愛で過ごす時間が多いからと言って、

 

平安で幸せな出来事しか起こらないのか、

 

と言えば、決してそうではなく、

 

腹も立つし、悲しい思いもするし、不安にもなる。

 

実際、何だオマエ、と言い合いをしたりする。

 

なんていうか、

 

こんなこと思っちゃダメ、そんなこと言っちゃダメ、

 

こんなことになったらどうしよう、

 

というのも含めて、愛として悦んでいる。

 

とうわけで、後ろ側 (神側/兄貴側)へ、

 

開きっぱなしの今日この頃である。