香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ああ、諸行無常

f:id:shusaku1:20210326005616j:plain

 

 

先週、

 

エドワードの最後の給料の計算をしていた時、

 

解雇補償金や所得税計算、年休の買い上げなど

 

数字をエクセルに打ち込みながら、

 

あと一週間で彼ともお別れかあ、と、

 

何とも言えないノスタルジックな思いに駆られた。

 

 

そういえば、フィリピン工場の日本人責任者も、

 

5月末で退職するのだという。

 

財務責任者の僕が言うので間違いないのだが、

 

うちの会社は真面目過ぎるくらいの健全経営で、

 

ブラックな側面など微塵もない。にも関わらず、

 

多くの人が新たな人生へ旅立っていくのは、

 

やはり、ひとつの場所で地道にやるのが良し、

 

とされた時代から、もっと自由に軽やかに、

 

自分の人生を生きる時代へとシフトする節目を

 

迎えているのかな、と思ったりする。

 

 

f:id:shusaku1:20210326005640j:plain

 

 

というわけで、諸行無常を見つめている。

 

この世の万物は常に留まることなく移り変わり、

 

ほんのしばらくもじっとしているものはない、

 

という事実に、いまさらながら目を見張っている。

 

 

今朝、鏡に映る自分の顔を見て、

 

あれ、俺ってこんな顔っだったっけ、と思った。

 

そりゃあ、月日と共に歳も取るので、

 

顔が変わるのは当然だが、

 

そういった物理的な変化からくる違和感ではなく

 

自分の顔って、ひょっとしたら、毎瞬毎瞬、

 

別人のように変化しているような気がして、

 

なんか、不思議な感慨にとらわれたのだ。

 

 

僕たちは、ある状態が継続されていることに

 

価値や意義、安心感などを見出したりする。

 

会社がずっと存続していたり、

 

ひとつの会社に定年まで長く勤めたり、

 

何歳になっても若さを保っていられたり、

 

今の生活がずっと続いていたり、

 

大切な人がずっと傍にいることを密かに願い、

 

それらが失われないよう必死で努力をする。

 

 

例えば、

 

嫌がる長男に無理に家業を継がせようとしたり、

 

人間関係最悪な会社に勤め続けていたり、

 

悲惨な今の生活を変えようとしなかったり、

 

すでに破綻しているのに夫婦関係を続けてたり、

 

と、これって完全に自然の流れに逆らっている。

 

同じ状態を保つことに躍起になればなるほど、

 

苦しみや摩擦が大きくなり、いずれは破綻する。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そして、

 

この雲のような諸行無常の流れというのは、

 

結局は愛の流れなのだった。

 

もっと言えば、ハートのエクスタシーの流れ、

 

天国の空気の流れ、神へと向かう愛の流れが、

 

目に見える世界に顕われているのではないか。

 

 

であれば、その流れに逆らうことなど不可能だ。

 

ある意味、留まろうとすることで、

 

神への流れに必死で抵抗している。

 

 

それで「やーめた!いち抜けピ!」と、

 

抵抗をやめた人たちが、いま、

 

新たな流れへシフトして行っているのかも…。

 

そう思えば、

 

僕もまた、未来の自分ににワクワクしてきた。