香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖霊はコックリさんではない

f:id:shusaku1:20210503041847j:plain

 

 

聖霊の導きに従え、聖霊に訊け、と言われるが、

 

どれが聖霊の導きなのか全く分からないし、

 

聖霊に訊いても返事があるわけでもない。

 

まあ、王道のコースあるあるなのだが、

 

当然、僕もそうである。

 

なので、僕はいつも、

 

自分が〝ふと〟こうしたいなあ、と思ったことを、

 

全て聖霊からの導き、または声だと捉らえ、

 

素直に実行していくようにしている。

 

 

僕たちコース兄弟は、自分が思っていることは、

 

全て間違いであり、聖霊からの導きや声は、

 

バシャールとかみたいに別の所からやってくる、

 

と思っているところがある。

 

そして問題はそこにあり、

 

その思い込みこそが自我である。

 

なぜなら、

 

聖霊は自分の中の正しい心の部分であり、

 

聖霊からの導きや声は、自分以外の場所からは、

 

やって来ようがないからだ。

 

もし、別の所から何か聞こえてきたら、

 

それって、もうコックリさんだようー。(笑)

 

 

そしてこの〝ふっ〟と現われる思いは、

 

歌手になろう、とか、世界一周をしたい、

 

というような〝目標〟のことではなく、

 

日々の日常生活レベルで何気なく湧き出る、

 

小さな〝願望〟のことを指している。

 

 

僕のことを例に挙げると、ここ数日、なぜか、

 

夜12時頃に寝て、朝4時頃に目が覚める。

 

二度寝しようと思っても、目が冴えて眠れない。

 

7時半には起きて会社へ行かねばならないが、

 

このまま起きだして、何かをしてしまうと、

 

逆に、7時頃に睡魔に襲われ、

 

余計にしんどい思いをするような気もする。

 

こんな時、ふと、今からジムへ行こう、と思った。

 

ジムは朝6時から営業しているのだ。

 

しかし、すぐさま心の中から、

 

「4時間しか寝ていないのに大丈夫か?」

 

「今から支度するのもメンドーだし」

 

「おととい筋トレしたばかりだろう」

 

という抵抗の声が当たり前のように上がってくる。

 

それでも、どうせ眠れないのだし、まっいっか、

 

と跳ね起き、支度をはじめた。

 

よく考えてみれば、いまは事務所に僕一人で、

 

日本もGWの休みなので、気兼ねする必要もなく、

 

短パンとTシャツで出勤し、お泊りセットがあれば

 

ジムのシャワールームで髭剃りや歯磨きもできる。

 

結果、早朝のジムはガラガラで、

 

おまけにストレッチエリアで瞑想までできた。

 

 

f:id:shusaku1:20210503041920j:plain

 

 

ちょっと、あの本屋を覗いてみようかなあ。

 

➡ でも、早く家に帰って夕食の支度をしないと。

 

ちょっと、あの人に電話してみようかなあ。

 

➡ しかし、別に用事も無いし、LINEでいっかな。

 

あのシュークリーム、本当は3つくらい食べたい。

 

➡ 太る。夜だし。それに歯を磨いちゃったし。

 

行くって言っちゃったけど、本当は行きたくない

 

➡ でも行かなかったら、色々言われるしなあ

 

 

挙げればキリがないが、僕達は毎日、

 

数えきれないほどの導きに遭遇している。

 

そして〝➡〟の部分で導きに抵抗している。

 

 

別に、プチ願望を実行したからと言って、

 

何か好い事が起こる、という訳ではないのだが、

 

こういう、細かいことに許可を出すことによって、

 

自分を否定しない、自分を肯定し受け入れる、

 

強いては、兄貴を信頼することが可能になる。

 

そこから、神の愛を肯定し、兄貴を受け容れ、

 

少しずつ自己の内部が癒されてゆくのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

何度も言っているが、いきなり神、いきなり聖霊、

 

なんて、無理なのだ。

 

そんなことができていれば今頃全員天国である。

 

だから、先ずは自分からである。

 

一歩ずつ、足元から行くのだ!