香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

そして〝本当に〟誰もいなくなった

f:id:shusaku1:20210503041825j:plain

 

 

とうとう、事務所に僕、独りぼっちになっちゃった。

 

先日まで、あーでもない、こーでもない、と、

 

仕事上のやり取りをしていたのに、

 

いざ、ひとり取り残されると、何とも寂しい。

 

清掃のおばさんが来ただけで、

 

テンションが上がったりする。(笑)

 

エドワードのデスクに残っているインボイス類、

 

日本人同僚の机の上にある商材の数々、など、

 

先日まで彼らにとって、とても重要だったものが、

 

こうしていまは廃棄されるのを待っている。

 

 

思えば、工場やオフィスに人がたくさんいた頃は

 

ウザい、ムカつく、コノヤロー、嫌い、使えない、

 

など、きいぃーっ、となる瞬間もしばしばだったが

 

そんな彼らが居なくなったら居なくなったで、

 

何とも言えない寂寥感が込み上げてくる。

 

廃墟マニアの人って、

 

こういう部分にエクスタシーを感じたりするのかな

 

と、ふと思った。

 

f:id:shusaku1:20210503041908j:plain

 

 

こうしてしばし、中国の工場や香港事務所で、

 

すったもんだやっていた頃の記事を読み返し、

 

ノスタルジーに浸っていた時、

 

僕の周囲から人影が消えてしまったのは、

 

僕が赦しを実践してきた結果なのではないか、

 

ということにハタと気づいた。

 

ある意味、僕が彼らを消したのだ。

 

 

過去の記事を見返してみると、

 

自分に気づき、愛に気づき、神に気づき、

 

兄弟全てが愛の化身だった、と理解するにつれ、

 

いままで、赦しどころだった兄弟たちが、

 

一人消え、二人消え、

 

次々と全体に統合されてゆく様子がうかがえる。

 

 

これまでは、自我の投影として、

 

同僚や友人の姿で映し出していた兄弟たちが、

 

今度は愛を反映させた存在となり、

 

別の兄弟に姿を変えて、再度僕に会いに来る。

 

これから出会う彼らは、

 

姿を変えた同じひとつの〝神〟なのだ。

 

 

こうして、いつかは僕も、他の兄弟と同様、

 

この幻想の世界から永遠に去る時が来る。

 

その直前に見ている夢はきっと、

 

至福な歓びに満ちた平安な夢であるはずだ。

 

 

👇 人が消えてゆくシリーズ

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、

 

トレーナーとの筋トレも今月一杯で終了するし、

 

僕のこの会社での生活も5月28日で終わる。

 

そして、全てが一旦終了するこのタイミングで、

 

このブログも閉鎖することにした。

 

よって、記事の更新は5月末までとし、

 

6月からは完全休止して、

 

以後、頃合いを見計らい、

 

正式にクローズしようと考えている。

 

6月からは、小説の創作に全精力を注ぎ、

 

作品の完成と共に香港から去って、

 

台湾へと旅立つつもりだ。

 

 

それでは、残り少ない期間ではありますが、

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 👇 更新しました!

shusaku1.hatenadiary.jp