香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

終わりの五月

f:id:shusaku1:20210517131913j:plain

 👆  たまーに、無性に食べたくなる

  SHAKE SHACKのハンバーガー。

 

 

今日は、(元)恐怖の部門長会議であった。

 

そして、この会社での最後の会議出席となった。

 

過去の記事を読み返してみると、部門長会議が

 

ものすごく赦しどころとなっていた時期があった。

 

間違いを指摘されたらどうしよう、とか、

 

社長の質問に答えられなかったらどうしよう、とか

 

みんなの前で恥をかくのが怖い、というように、

 

とにかく順番が回ってくるまではもう心臓バクバク

 

ひとり心の中で大騒ぎしていた。

 

 

でも、大抵の場合は、大した指摘もなく、

 

社長からも、次までに確認しといてね、

 

程度の事しか言われないのだが、

 

それなのにどうして毎月あんなにドキドキする

 

のか、今思えば、自分でもホント不思議だ。

 

 

あの頃は、

 

「ほれほれ、ちゃんとやらな恥かくでえ」という、

 

自我の声に完全に乗っ取られていた気がする。

 

しかし、今この瞬間に在る神に抵抗するのを止め

 

自分を責める声は愛を求める声だったんだ、

 

と気づいて、自分責めを止める決心をした頃から

 

自分の中に本来の神のパワーが戻り始めた。

 

 

f:id:shusaku1:20210517131901j:plain

 

 

攻撃されたらどうしよう、恥をかいたらどうしよう、

 

という自我の声も、本当は大切にされたいんだ、

 

愛されたいんだという内なる自分の叫びだった。

 

だから先ずは、自分が自分を愛してやろう、

 

自分で自分を大切に扱ってやろう、もう絶対に、

 

自分を痛めつけるような行動や考えはしない、

 

と強く決意して日々の感情に注意を払い続けた。

 

 

怯えている自分や、おどおどしている自分も、

 

責めずに全肯定して受け入れてやる。

 

全てを、愛しているよ、大好きだよ、大丈夫だよ

 

に変換してやる作業を地道にやっていった。

 

それは、聖霊に訊き続ける作業でもあった。

 

 

そうやって、自分の中に強さが戻ってくると、

 

相手にきちんと想いを伝えられるようになった。

 

「止めて下さい」「そんなこと言われたくないです」

 

「はい、確かに私が間違えました、でも、何か?」

 

と凛として今ここに立っていられるようになった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そういうわけで、

 

この強制帰還道場もあと少しで終了だ。

 

今日の部門長会議では、発表のあと、

 

「今回が香港支社の最後の報告となります。

 

長い間助けて頂き本当に有難うございました」

 

と、ZOOMの画面越しにあいさつをした。

 

社長や皆から、お疲れ様でした、ご苦労様でした

 

とねぎらいの言葉をもらった。

 

  

ああ、僕の五月が終わってゆく。