香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

今際の際

f:id:shusaku1:20210517131848j:plain

👆 習慣化している、仕事で外出したついでのQB

  この日も両サイドだけカットしてもらう

 

 

今際の際(いまわのきわ)について考えている。

 

 

というのも、昨日の午後、妹からLINEで、

 

うちの85歳になる父が、コロナのワクチンを接種

 

した帰りに、脳出血で倒れ、これから緊急手術だ、

 

というメッセージを受け取った。

 

慌てて妹に電話をかけると、

 

左脳一面に出血が広がっており、手術の後、

 

これから一晩かけて頭から血を抜くのだという。

 

ワクチンの副作用も疑われたけれど、先生曰く、

 

ワクチンを打ってすぐに出血することはなく、

 

たぶん、一か月ほど前にどこかで頭を打ち、

 

そこから少しづつ出血し続けていたのだろう、

 

ということだった。いまは、手術も済み、

 

ICUで血を抜いている最中だが、コロナ対策で、

 

親族でも病院の中には入れてもらえず、

 

面会もできないということだった。

 

いま、大阪府は病院もぎりぎりで稼働しており、

 

救急車が来た時も、あちこち電話をしても、

 

なかなか受け入れてもらえる病院がなく、

 

最後に父の主治医の病院に連絡をし、

 

無理を言ってやっと受け入れて貰えたのだという。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕は外国にいるので、父にもしもの事があっても

 

たぶん、死に目には会えないだろう。

 

まあ、彼の85歳という年齢もあり、

 

「仕方がない」と諦める覚悟もできている。

 

だが、父の側の立場に立った場合、

 

「最後に周作の顔を一目見てから逝きたかったな」

 

と、ひょっとしたら死の間際に思うかもしれない。

 

そして、そんな〝想い〟を、

 

たとえチラッとでも抱かせたまま逝かせるのは、

 

息子としてどうなんだろう、と考えてしまうのだ。

 

 

👇 期間定公開。父のダンス!

www.youtube.com

 

 

そういう意味で、臨終というのは、

 

旅立つ本人が、生前の想いを手放すために、

 

残った者が最後の最後に用意してあげられる、

 

大切なイベントなのかもしれない。

 

なので、生前本人が愛した人だけではなく、

 

憎んだ人、赦せなかった人、気にかかっている人

 

も、共に立ち合い、看取るべきなのではないか、

 

と思ったりする。

 

 

そして僕の今際の際が、

 

〝有難う、大好き〟だけだったらいいな、と思う。

 

 

というわけで、

 

いろいろ考えさせられた土曜の午後であった。