香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

大家さん優しい!

f:id:shusaku1:20210519124553j:plain

 

 

昨日は、今借りている事務所の大家さんと飲んだ。

 

というのも、事務所の隣が大家さんの会社で、

 

今回、支社を閉鎖するにあたり、契約のこととか、

 

いろいろ相談するうち、そこの社長と親しくなった。

 

そして、僕の新しい転職先が決まったと告げると、

 

とても喜んでくれ、食事に誘っていただいたのだ。

 

 

僕が酔っぱらってもすぐ帰れるように、と、

 

僕の家のすぐ近くにある沖縄料理店を予約した。

 

泡盛のウコン茶割りで語り合った。

 

この社長さん、福建省出身の56歳、

 

メインでやっているコネクター販売の会社のほか、

 

薬局、しゃぶしゃぶ店、オーストラリアの土地開発

 

など、多種多様な業種に投資を行ない、

 

年収は十数億円、総資産はもう天文学的数字で、

 

それはもう、正真正銘のお金持ちなのであった。

 

そこまでのお金持ちとサシで飲むことなど

 

皆無な僕は、彼の頭の中がどうなっているのか

 

興味津々でいろいろ質問をしまくった。

 

 

f:id:shusaku1:20210519124624j:plain

 

 

文化大革命が終わった直後の1978年、

 

12歳の彼は、一家揃って香港へ移民してきた。

 

そこから、様々な苦労を経て薬局経営から始まり、

 

少しづつ事業を展開していったのだという。

 

 

f:id:shusaku1:20210519181923j:plain


 

彼のやり方は、投資にせよ、なんにせよ、

 

大株主にはならない、だった。

 

大株主なのは隣りの会社のみで、

 

そのほかは全て、興味を持った商売に投資して、

 

その配当を受け取る、という方式である。

 

もちろん、大失敗した事業も多々あるが、

 

大株主ではないので損失は少ない。

 

 

しかし、僕が興味を持ったのは、

 

そういった成功へのハウツーではなく、

 

彼のお金やビジネスに対する感覚だった。

 

お金は、蛇口をひねれば水が出るのと同じく、

 

入ってきて当たり前、出て行って当たり前、

 

という意識が彼の根底には流れていて、

 

大失敗して無一文になりそうになった時でも、

 

無くなるから使わずにおこうという感覚がない。

 

なので、俺は水をこんなにたくさん持ってるんだ、

 

どうだ、すごいだろう、とはならないのと同様、

 

俺には金があるんだ、お前より偉いとはならない。

 

だから、もう誰にでもごくごく普通に優しい。

 

彼にとってお金があるのは特別なことではなく、

 

威張ることでも、優越感の象徴でもないのだった。

 

 

f:id:shusaku1:20210519124704j:plain

 

 

彼は、僕が今よりも好条件で転職できたことを

 

何よりも喜んでくれ、心から祝ってくれた。

 

僕が小説を書いていると知ると、

 

出版社が見つからなければ出版社を作ればいい

 

俺が手伝ってやる、とまで言われた。

 

とにかくもう全てが全許容、

 

彼の中に〝否定〟という文字はないのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210519124652j:plain

 

 

こんなリアル大富豪と、個人的に接することなど

 

滅多にないと踏んだ僕は、自分の〝背後〟から、

 

彼の〝背後〟へ同調しようと努めた。

 

彼の感覚にチューニングすることで、

 

会社で給料を貰わないと豊かになれない、

 

という僕の〝檻〟を取っ払おうと考えたのだ。

 

 

すると、彼の豊かさの象徴はお金だけれど、

 

僕には僕の豊かさがあるのだ、と理解が起こった。

 

会社に勤めていようと、大富豪であろうと、

 

ニートであろうと、普通の家庭の主婦であろうと、

 

その最終着地点は全て、歓びと平安、だ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そして、最後に僕が、

 

「僕が小説を書くのも、あなたが商売をするのも、

 

    こうして一緒に酒を飲んで語り合うのも、結局、

 

    その行きつく先は、歓びや感謝や至福や平安、

 

    神の感じを味わいたいからなんだと思います」

 

と述べると、彼はひどく感銘を受けたようで、

 

そうなんだよ、そうなんだよ、と頷きながら、

 

何度もハグを交わし合ったおっさん二人、

 

なのであった。