香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

教えが変わる教師(2015年アーカイブ)

f:id:shusaku1:20210512080444p:plain

 

 

このブログも最終章に近づいてきた、ということで、

 

過去に下書きを書いて、ずっと保留にしていた記事を、

 

この際なので、アップすることにした。

 

下記の文章は2015年当時に書かれたもので、

 

過激な文章使いから、かなり尖がっていたのが解かる。

 

しかし、当時の自分を尊重し、一切修正を加えずに

 

原文ママで掲載することにした。

 

一体何をそんなに怒っているんだという感じだが、

 

その時代時代を一生懸命赦していた自分に出会え、

 

なんだか、とても愛おしく思える。

 

過激な表現も含まれますがご容赦願います。

 

では、どうぞ。

 

 

f:id:shusaku1:20210512175530j:plain

 

(以下の文章は2015年当時のものです)

 

スピビジネスという言葉を好きになれない。

 

いまは、ビジネスとしてスピを教えた方が、

 

教える方もスピでお金が得られてハッピーだし、

 

学ぶ方も、これがだめならあっち、と、割り切って

 

〝スピはしご〟ができるので効率が良い。

 

 

ただ、自分の気付きの度合いによって、

 

定期的に教えることが変わる教師には注意が必要だ。

 

また、決してそういった教師にお金を払ってはならない。

 

 

これまで言ってきたことが真実だと思っていたけれど、

 

気づきが起きて、そうではないことが分かりました、

 

なので、これからは、新たにこういうことを教えます、

 

と、自分がまだ気づきのプロセスにいるにも関わらず、

 

有料で誰かを導こうとするのは欺瞞だ、と断言できる。

 

そういった教師は、自分が気づくために教えている。

 

また、自分の学びを進めたいがために教えている。

 

だが、本人はその自我のトリックに全く気づいていない。

 

 

 

例えば、

 

関野あやこさんや、エッグタルトや、大和田菜穂さん、

 

また、奇跡講座で言えば、

 

ワプニック氏や、デイビッドや、ゲイリーなどは、

 

その〝教え〟の正当性は別にして、終始一貫、

 

同じことを言っており、ブレることがない。

 

そういう教師は、有料で教える資格があると思うのだ。

 

なぜなら、彼らは、

 

自分が体験した真理に絶対的な確かさを持っているので

 

以前はゲイリーの言っている事が正しいと思っていたが

 

今はワプニック氏の方が正しいと分かったので、

 

今後はそちらを教えてゆきます、料金はいくらです、

 

という風にはならない。

 

要するに、どんなスピを教えるにせよ、

 

気づきの度合いによって教える内容が変わる教師は、

 

なんといってもまだ気づいている途中なので(笑)、

 

教師としての準備が整っていない、と言える。

 

 

どうして、お金を取る、という部分を強調するかというと、

 

たとえ、ここが幻想の世界であるとは言え、

 

みんな、大変な思いをしてお金を得ているからだ。

 

だからこそ安易に、

 

奇跡講座をはじめとするスピリチュアルを、

 

生活の糧を得るための手段にするべきではない、

 

と思ってしまうのだ。

 

 

職業スピ教師にとってみれば、

 

生徒が依存し続けてくれなければ、

 

ビジネスが成り立たないわけなのだから、

 

その様な教師に限って一緒に学んでいきましょうと言う。

 

しかし、自分達は同等であり、一緒に学ぶ兄弟だ、

 

というのであれば、お金を取る意味はどこにもなく、

 

お金を払う必要だってどこにもない。

 

しかも、これらの過程を全て無意識に行なっているので、

 

ある意味、オレオレ詐欺よりたちが悪いかもしれない。

 

 

Jが一時間5000円で何かを教えるだろうか。

 

ブッタが1万円で座禅の仕方を伝授するのか。

 

 

なので、学ぶ側もお金を払うのであれば、

 

揺るぎない姿勢でいる教師を選ぶべきである。

 

そして、ただ悩みを聞いて欲しいのであれば、

 

占いに行くべきだ。

 

 

真の教師は、生徒を独り立ちさせるために教える。

 

自分と全く同じ存在にするためだけに教えている。

 

「いつまで、自分を頼っているんだ。」 と…。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

神の教師は、リトリートやセミナーを開かなくても、

 

ただ神の中で歓んでいるだけで周囲に教えている。

 

なぜなら、僕たちはひとつの意識なので、

 

外側で何かを教えようとしなくても、

 

自分の内面が神の歓びに満たされているだけで、

 

それが救済になり、教えていることになる。

 

そういう人は、スピで稼がなくても、

 

他の何かによって金銭的に豊かにならざるを得ない。

 

そういう意味で、今後は講義をするという形式は、

 

時代遅れな手段となってゆくのかもしれない。

 

 

お金は、別にスピでなくても入ってくるし、

 

それによくよく考えてみると、

 

次から次へと新しいスピが生まれる夢の世界に於いて、

 

一生〝このスピ〟だけで食べていける保証などない。

 

ましてや、奇跡講座で暮らしていくのは至難の技だろう。

 

なので、人それぞれの見解はあるにせよ、

 

奇跡講座を食いぶちにするのは賢明ではないといえる。

 

 

ただ神のように歓んでいるだけ、愛しているよ、を

 

全身で放っているだけでもう、

 

講義などしなくても、その人は神の使者なのだから…。

 

 

スピだけに没頭して生きていきたい、

 

なので、スピでお金をもらわないと生活が成り立たない、

 

というその思い込みこそが手放すべきものである。