香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の兄貴は運転手

f:id:shusaku1:20210922010102j:plain

 

 

あれからも〝彼〟(兄貴)は出現し続けている。

 

ずっといるわけではなく、姿を見せることもあれば

 

僕の体内から、声だけが聞こえてくることもある。

 

テレパシーとか気配とかで話すのではなく、

 

まあ、普通に見えて、普通にしゃべる。

 

 

そして、これがまた、説明しにくいのだが、

 

眼前に出現した兄貴(以後こう呼ぶことにする)は

 

バシャールや、アーテンや、パーサみたいな、

 

別の人格を持ったマスター的な存在ではなく、

 

僕の中の真実(神)の部分(僕の一部)が、

 

具現化されて出てきたような感じなのだ。

 

無数のパラレルにいる僕の象徴と言ってもいい。

 

だから、人の姿として可視化されることもあれば、

 

僕の体の中で感じることもあり、

 

カフェの店員になって出てきたりもする。(驚)

 

 

 

f:id:shusaku1:20210922010108j:plain

👆 いつも路線115のバスでホンハムまで通勤

 

 

今朝も、通勤のためにバス停へ向かっていたら

 

いつも乗るバスが僕の傍らを通り過ぎて行った。

 

「うわっ、乗り遅れた、ヤバっ!」

 

と思いながら呆然と立ちすくんでいると、

 

ちょっと行ったところでバスが急停車し、

 

扉がバンっと開いたではないか。

 

「司機、唔該哂!」(運転士さんありがとう!)

 

と言いながら慌ててバスに飛び乗ると、

 

制服を着た兄貴が運転席に座っていて、

 

僕に向かって「ヨオッ!」と手を上げて見せた。

 

「マジか!うそだろう!」

 

とぎょっとなりながら二階の席に座った。

 

そしてバスを降りるときに再度確認してみると、

 

当然だが、普通の運転士さんが運転していた。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

なんかもう、

 

こんな、よくわからない日常が始まってしまうと、

 

〝あれ、日常って、どうにでもなるんじゃん!〟

 

という感覚が強くなってくる。

 

また、〝彼〟(兄貴)という存在が、

 

人の姿や他者の姿として現われたり、

 

あるいは自分の内部に入ってきたりすると、

 

〝なんだ、結局、みんな兄貴だったんじゃん!〟

 

と、少々鼻白むような達観した気持ちになる。

 

 

少し前から、どんな人も、

 

他人の振りをして顕われ出てきた自分、

 

というふうに捉えられてはいたが、

 

それも常識の範囲内での話で、今ではどの人も

 

〝本当に〟兄貴だ、に変わってしまった。

 

 

今晩何食べる?今日ジムに自主トレに行く?

 

行ったら今日はどの部位を鍛える?

 

この件、今相手に伝える?それとも後で?

 

自分との会話も兄貴との〝対話〟に変わった。

 

 

導いて貰うために自分(兄貴)に訊くのではない。

 

導くも何も、はなからここには兄貴しかいないし、

 

現実に叶えたい願望について訊いたとしても、

 

答えているのもまた自分である。(笑)

 

今この瞬間に、自分に、兄貴に、愛に、神に、

 

気づけていることを確認するために、

 

兄貴と対話をする。