香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

腹が決まる

f:id:shusaku1:20211002002502j:plain

 

 

起きることに、心をオープンにしていること、

 

起きてくることに、いつも意識を開いていること、

 

消えゆく光を、さらけ出して恥じずに見送ること、

 

これが僕の、今この瞬間に在る、の状態である。

 

 

起きていることに開いている、というのは、

 

何もせずにじっとしていることではない。

 

恐怖や不安、怒りや悲しみ、が出てきても、

 

言ったことや、やったことに対してさえも、

 

ただ起きるに委ね、開いて見つめている。

 

それが僕にとってのグランディングであり、

 

決断の主体に在ることでありゼロポイントである。

 

 

話は変わって、二人いる部下のうちの年輩の方

 

(42歳/勤続22年/独身/)の彼女が、

 

10月半ばに入院し、手術を受けることになった。

 

婦人科系の、しかも命にかかわる病気で、

 

術後も化学治療などを続けねばならず、

 

少なくとも今年いっぱいは休職することになる。

 

経理業務には〝締め〟というものがあり、

 

月末には必ず数字を締めなければならない。

 

なので、二人しかいない経理部員のうち、

 

一人が休めば、この締めに支障が出る。

 

それで、とりあえず、

 

僕が彼女の仕事を引き継ぐことになった。

 

経理だけでなく、給与計算などもあり、

 

来週は引き継ぎでてんてこ舞いになりそうだ。

 

 

不思議なのが、全然不安にならないことだ。

 

以前の僕だったら、こんなことが起これば、

 

ひとり右往左往し、慌てふためいていたのに、

 

今に気づいきながら、起きていることだけに

 

心を開いていると、無限の全体そのものになり、

 

何の問題も無いことを智っている状態となる。

 

 

その時、〝彼〟(兄貴)が僕の傍らでささやいた。

 

無限の全体100%全開で生きるか、

 

このまま、常識まあまあな時間を生きるか、

 

心の中で思っているだけではなく、

 

きちんと、物理的な行動で決断しなさい、と…。

 

 

会社を手放して新しいフィールドへ進みたい、

 

今のこのファイナルコールを逃してはならない、

 

という、内なる声が聞こえていたにもかかわらず、

 

グズグズとここまできてしまった。

 

すると今度は、秋分の日を過ぎた頃から、

 

会社を辞められないような事態が発生し、

 

ますます流れが固定されていってしまう。

 

二極化ってこういうことなんだ、と、腑に落ちた。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

このまま会社にいるか、別の世界へ移行するか、

 

どちらの選択も間違いではないが、

 

ハッキリ決断しないまま現状に留まるのは、

 

会社に居ることを力強く決断している他の兄弟

 

(同僚達)に対してとても傲慢で失礼な行為だ、

 

と、静かな口調で〝彼〟(兄貴)は言った。

 

 

で、退勤後、すぐに日本人総経理に話した。

 

こんな時にナンなんですが、会社を辞めて、

 

日本へ完全帰国したいんです、と…。

 

もちろん、後任が決まり、引き継ぎを行なうまでは

 

ちゃんと管理本部長としての責任は果たします、

 

と言った。

 

総経理は少し時間をください、と言った。

 

 

ああ、とうとう言っちゃった…。

 

無駄遣いをやめて貯金しよ。(そっちかい!)