香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

最終召集

f:id:shusaku1:20211006003238j:plain

 

 

今日は金曜日。

 

今日の香港は台風通過で大雨の一日だった。

 

そして、僕の一日もまた、嵐のようだった。

 

 

前回の記事で、短期間で退社したいと望んだら

 

今月末で離職できることになった、

 

引きよせわーい(笑)みたいなことを書いたが、

 

それが原因で今日は大変な目に遭った。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003331j:plain

 

 

部下の彼女は、今日が最終出社日となり、

 

来週から入院して手術➡病気治療に入る。

 

水曜日まで僕と引き継ぎ作業をしていたが、

 

昨日、以前この会社で働いていた女性が

 

パートタイムで来てくれることになったため、

 

急遽、上層部の決断で、

 

僕が今月26日で退職できることとなり、

 

そのかわり、部下の彼女は、

 

今日と明日(土曜日)の二日間で、

 

僕に引き継いだ仕事を、もう一度最初から、

 

他のスタッフに引き継がねばならなくなった。

 

それもわざわざ土曜日に出勤して…。

 

 

もともと、

 

新スタッフには僕が引き継ぎをするつもりでいた。

 

しかし、この件は、上層部だけで決められ、

 

僕は後で結果を知らされるカタチとなった。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003409j:plain

 

 

当然、部下の彼女は怒り心頭である。

 

「あなたがそんなに早く退職するのを知ってたら

 

 あなたに引継ぎなんてしなかった」

 

「家の事情とか、あなたの事なんかどうでもいい

 

 どうして病気の私にそんな仕打ちをするのか」

 

誰もいない夜のオフィスで、彼女は僕を罵った。

 

 

彼女が怒るのは当然である。

 

悪いのは僕であり、僕はただ謝りつづけた。

 

その一方で、彼女をとても愛おしいと思った。

 

怒りを露わにする彼女は、

 

他人の振りをして出てきた僕自身だからだ。

 

〝こんなの自分じゃない〟と葬った僕の一部が

 

愛を求めて顕われてきている、と感じたのだ。

 

また彼女は、僕自身の罪悪感も代表している。

 

僕が感じた罪悪感を現実化させるために、

 

彼女は僕の中から飛び出してきた。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003322j:plain

 

 

今回、不思議なことに、僕は彼女に対して、

 

少しの恐怖も動揺も感じなかった。

 

自分の中にこんな側面が隠れていたんだあ、と、

 

彼女の姿を、他人の振りをして出てきた自分自身

 

として、冷静に観察していた。

 

最後、僕は明日ランチでも食べて、と、

 

500香港ドルを彼女の机に置いてきた。

 

 

僕の会社員生活も残り二週間ちょっととなった。

 

もうあまりする業務もないので、この二週間は、

 

沈黙して隅々まで赦すことに専念する。

 

起こっていることに心を開き、

 

ありのままの流れをただ許容する、

 

それだけをやって過ごそうと思っている。

 

それ以外は何もせず、ただじっとそこにいよう。

 

会社という「場」を完全に赦して終わらせるのだ。

 

そしてこれが僕なりの引継ぎとなる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

これはちょっとマユツバな余談だが、

 

今実行しろ、と、

 

サインが来ていた9月初めに辞表を出していたら

 

きっとこんなことにはなっていなかったと思う。

 

秋分の日の前頃にも、最終乗り換えのコールが

 

ガンガン鳴り響いていた。

 

それを無視した為に、こんな事態に陥っている。

 

もしここで責任感に捉われ、あと半年、一年、と、

 

会社に残留し続けていたら、

 

乗り換えは一生不可能になっていただろう。

 

アセンションとか二極化とか、

 

そんなこととは関係なく、これは僕自身が、

 

直感としてはっきり受け取っている。

 

 

そして今回が、僕にとっての

 

本当に自分が居たい場所へと旅立つための

 

飛行機が飛び立つ、

 

本当の意味でのファイナルコールとなる。

 

ゲートが閉まり、飛行機が離陸すれば、

 

もう搭乗は不可能となり、

 

僕たちはその〝場〟でやっていくことになる。

 

多分、これから冬至にかけて、ますます、

 

飛び立つフライトが少なくなると思われる。

 

ゲートにたどりつくまでに様々な障害が現われ、

 

行く手を阻むだろう。

 

今回僕は、そのことを実体験として味わった。

 

なので、私の居場所はここではない、と思ったら、

 

急いだほうがいいかも、である。

 

まだ間に合うと思うから。