香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

覚悟


↑ 出張するたび、免税のウィスキーを選ぶのが、
  ここ最近の唯一にして最大の楽しみとなっている


樹木希林さんが亡くなられた。

以前東海テレビが制作した彼女のドキュメンタリーを、

このブログでも紹介したことがあるが、その時も、

彼女の死生観から多くの事を学んだと思う。


「自分が全身ガンになったことで、

 今回で会うのが最後になるかも、という思いからか、

 わざわざ自分の為に時間を割いて会いに来てくれ、

 自分という人間と真剣に向き合ってくれる。

 ガンになるのも悪いことばかりではないわね。」


「私が死ぬことによって迷惑にならないようにしたい。

 みんな、まだまだ死なないと思っているようだけど、

 確実に死に向かって生きているんです。 

 だから、今を一番納得いくようにしておきたい。」


あの独特の喋りで、

彼女の名言をもっともっと聞きたかったな。

スピリチュアルを探求した人ではなかったけれど、

スピリチュアルそのものを生きた人だった。

彼女の生きざまをワイドショーなどで見るにつれ、

自分の生き方が何と薄っぺらに感じられることか…。


↑ 旧盆の死者を送る送り火

人は死ぬ。肉体が滅びる。それに向かっていく覚悟。

もう、体験に裏打ちされた生きざまの輝きが違う。

↓↓ 樹木希林さんに関する記事 ↓↓わたしの神様 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

それは覚悟なんだと思う。

小説を書く、会社で働く、風俗で働く、親の金で暮らす

離婚をする、整形をする、ゲイである、障害者である、

また、自分は引き寄せの法則で人生やってゆく、

どんなことがあっても兄貴の声にしか従わない、など、

思いつくままに書いてみたが、対象はなんでもいい。

ポジティブな事にせよ、ネガティブな事にせよ、

わたしはわたしのスタイルでやっていくという覚悟…、

誰に何と言われようと死んでも曲げない覚悟、

それができないのなら、今ここで死んだほうがマシ、

といえるような、全てを受け容れ凛とブレない覚悟、

この執念と覚悟があるかどうかということなのだ。

非二元や悟り系の一瞥体験をした人からは、

それも起こっていることが起こっているだけなんです、

と一笑に伏されそうだが、そういう人たちだって、

元をたどれば、苦しみや痛みが究極に達した結果、

一瞥体験に至った、という人も多い。

そしてそこには、解放されるためなら何でもする、

という、ある種の覚悟があったはずなのだ。


まあ腹さえ決まれば、ある意味、人生楽かも、である。