香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

無限の豊かさ

f:id:shusaku1:20211014014022j:plain

👆 仕事帰りにいつものビアカフェで一杯!

 

 

今日、仕事を終えて帰宅してみると、

 

税務署から所得税納付通知書が届いていた。

 

恐る恐る開封してみると、2020/2021年度の

 

僕の所得税は約40万円ほどだった。

 

まあ、金額的にはこんなもんか、と思ったのだが、

 

11月から僕は、いわば無職となるので、

 

お金の方は大丈夫かな、と少し心配になった。

 

というのも、

 

僕の現預金の大部分は日本の銀行口座にあり、

 

これまでは、日本へ里帰りするたびに、

 

まとまった現金を香港へ持ち帰っていた。

 

しかし、ここ2年、コロナ禍で里帰りができなくなり

 

香港の口座にある現金が心もとなくなっていた。

 

ネットバンキングを開設すればよかったのだが、

 

無駄遣い防止の為、敢えて申請しなかった。

 

幸い、今の会社の給料は現地で支払われており、

 

前職の退職金も香港の口座に振り込まれたので

 

まあ、何とかやってはいけるはずだった。

 

しかし、それでも来月から働かないわけだし、

 

香港の口座にある預貯金のみで、

 

以後何か月かを暮らしていかねばならない。

 

そこで僕は、ノートとペンを取り出し、

 

引っ越し代はこれくらいかかって、

 

家賃はこれだけで、税金はこれくらい、

 

すると、手もとにはいくら残るので、

 

いつくらいまでは香港に居ても大丈夫、

 

みたいな〝算段〟を頭の中でやり始めた。

 

 

f:id:shusaku1:20211014014031j:plain

 

 

やってる途中で、あれっ?と思った。

 

会社を辞めたら収入がなくなり、あとは、

 

残金でやっていくしかないと思いこんでいる。

 

どこかの会社に就職をして給料を貰うことが、

 

収入を得る唯一の手段だと決めてかかっている。

 

頭では無限の可能性があると分かっていながら、

 

深いところでは、長年染み付いた会社員気質を

 

捨てきれていないことに、この時気づいたのだ。

 

 

なぜなら、香港にいる間に思わぬ展開が起こり、

 

働かずに収入を得ることができるかもしれないし、

 

また、人生を一変させるような出会いがあり、

 

今とは全く違う生活をしているかもしれない。

 

何が起こるかなんてそんなの誰にも分からない。

 

無限の可能性が開かれているにもかかわらず、

 

無意識の自分はそれを本当には信じていない。

 

無限の豊かさを自ら遮断していたのだ。

 

 

僕の場合、会社員という枠の中では、

 

そこそこの収入を得ることを許せていたが、

 

一歩その枠の外に出て何かしようとすると、

 

途端に感覚がおかしくなってしまう。

 

まあこれも、身体に染み付いた習慣なのだろう。

 

そして、新たな一歩を踏み出そうとしているいま、

 

自分の中に残っている無意識の思い込みを

 

ひとつひとつ認識し、手放してゆくリハビリの期間

 

が必要だな、と改めて感じた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

無限の可能性からくる豊かさに開いて、

 

枠の外に出た新しい自分をなじませてゆく。

 

香港にいる残りの期間は、

 

そういう時間にしたいな、と思っている。