香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

平安に任せる

f:id:shusaku1:20211006003514j:plain

 

 

今日の香港の気温は摂氏17℃。

 

香港にもようやく秋の気配が漂い始めた。

 

11月の香港は、爽やかな秋晴れが続き、

 

最も過ごしやすい季節となる。

 

仕事も卒業することだし、あちこち出かけて、

 

最後の香港の秋を思い切り楽しむつもりである。

 

 

今日は、今この瞬間に在る、平安に任せる、

 

を意識しながら一日を過ごした。

 

過去のことや少し先の未来のことに思いが至ると

 

すぐに今の平安からずり落ちてしまうので、

 

意識的に背後の平安に委ねる感じで過ごした。

 

平安に委ねることは、神に委ねることでもある。

 

そこには、愛そのものである本質の自分がいて、

 

何があっても大丈夫だと心底思える。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003505j:plain

 

 

今日は、最後の納税申告の書類を作成した。

 

別の国への移民や母国への完全帰国など、

 

香港を離れ、別の国に定住する人は必ず、

 

全ての税金を清算してから出国せねばならない。

 

申告をしてから一か月くらい後に、

 

自宅に納税通知書が届き、

 

それを持って税務署へ直接支払いに行く。

 

僕は6月から現地で給料を貰うようになった為、

 

所得がかなり増えていると思われ、

 

今から納税通知書の金額を見るのが怖い。

 

 

また、

 

強制積立金の解約手続きの書類も用意した。

 

強制積立金は、毎月の給料から5%天引きされ、

 

会社も同じ5%を供出し、積み立てられる。

 

これを銀行やファンド会社が運用し、

 

65歳になった時に全額受け取るしくみだ。

 

退職金も年金もなく、転職する人が多い香港では

 

この積立金がいわば老後の資金となる。

 

しかし、僕は日本へ完全帰国してしまうため、

 

65歳を待たずに受け取ることができるのだ。

 

 

このお金を受け取るには、民政署へ赴き、

 

私は二度と香港に住んで働きません、と

 

担当官に宣誓をしなければならないのだが、

 

宣誓をしても、永住権はなくならず、

 

また再び香港で働いてもいいし、住んでもよい。

 

なんとも、不思議な儀式である。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

と、こんな感じで、香港を離れる準備が始まった。

 

もっと寂しさが込み上げてくるのかな、と思ったが

 

そうでもない。

 

なんかもう、やり切った感の方が大きい。

 

足かせがなくなり、素の状態になったいま、

 

これからは、今の平安に任せ、

 

兄貴が置いた目印に沿って進んでゆく。