香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

『天城越え』 ふたたび


↑ 謎の仕事の謎が解けてよかったのだ。

やっほーい。昨日、久々に兄弟てっちゃんとスカイプをした。

向こうはビール、こっちは最近あまり酒を飲まなくなったと、ウーロン茶で乾杯したが、

てっちゃんが白ワインを持ち出したころには、こちらも我慢できなくなり、

赤ワインをやりだした。

ベビースターラーメンをぼりぼりかじりながら、

てっちゃんは4月から始めたメンテナンスの仕事について語る。

話を聞いていると、やっぱり彼は〝匠〟だなあ、と思う。

「俺は自分で何かを創造したりできないから。

人がひらめいたアイデアを形にするだけなんだ。」

と自分には〝ひらめき〟などないようなことを言う。

とんでもない。てっちゃんが造りだしたものは全部てっちゃんの創造物だよ。

自分が創造したいものを、まず相手の口を通して言わせてから、

「それじゃあ、やりまっす!」と答えているだけなのだ。(小保方口調)

そのほうが安全だ、と無意識は知っているようだ。


「ねえねえ、こんなのあったら便利だなって思うんだけど、てっちゃん、できない?」

と、自分のアイデアを一旦その相手に言わせ、

「うん。こうやったら、もっとよくなるよ。」という返しをやってから引き受ける。

学生の時によくやった、自分から告白なんて絶対できないので、

あの手この手で、相手に「好き」だと言わせる、アレだ。

告られてから「まあ、俺も付き合ってもいいけど。」とくる。

この面倒くさいところがまたいいのだ。


父に愛を告白して拒否られるなんて恐すぎるので、

なんとか父のほうから愛しているといってもらいたい。


かといって、この方式を変える必要なんてない、と思う。

自分は(神に)愛されている、と認めていれば幻想のプロセスなんてどうでもいい。


そうやって、ぺちゃくちゃ、やっているうちに夜明けが近づいてきた。

普段はさおちゃんが寝てしまうと、

大抵アイドルの水着画像を検索したり、いろいろなブログを見て遊ぶ。

季節が夏だと、なぜかてっちゃんはここでトランクス一枚になるのだ。

今日はこれから広東省の広州市へ日帰り出張があるので、

結局4時前くらいにチャットはお開きとなった。


今から寝ても仕方がないので、そのまま風呂に入り、

スーツに着替えて朝6時ごろ家を出た。

香港のホンハム駅から7時半発の広州行き直通列車に乗り込む。


↑香港から大陸への直通列車。広州まで2時間。
「3時間前まで酒を飲んでいた。」 

「3時間後には打合せが始まる。」

「だからいまのうちに少しでも寝ておかねば。」

なあんていう概念はない。

今、列車で寝ないとあとで疲れる、だけど眠れない、イライラ、なんてこともない。

いまここにいる自分がどうしたいか、だけに焦点が合っている。

まあ、肉体としての自分もはなからないのだ。

逆に言えば、3時間後に眠くなり、会議で眠ってしまっても別にOKだと思っている。


アンフィニ時代に〝概念をはずす〟方法をさんざん実践したおかげで、

〝寝ないと疲れる〟〝食べないと体が持たない〟〝○○をするなんて無理〟

といった概念は根底から手放せている。


〝明日仕事なので今日のお酒はほどほどに。〟

〝すっごくこのケーキを食べたいけど、もうすぐ夕食なので我慢する。〟

みたいな、未来に起こることを想定して今を制限するようなことも、しなくなっている。

この点に関しては、SMの女王様が鞭を持っ…、あっ、えへん…、もといっ!

『エースをねらえ!』の宗方コーチさながら、

ビシッバシッ仕込んでくれたあやこさんのおかげだと思う。感謝!


朝10時から夕方5時まで、広州の日系弁護士事務所で、

いろいろな会計上の打ちあわせをする。

参加者は僕と、総経理(工場で一番偉い人)と、2人の弁護士と、パラリーガルの男性1人。

大量の書類を前に、ああでもない、こうでもない、と一つ一つ内容を確認してゆく。

その間、ずっと兄貴と一体になって過ごす。

とてもリラックスしていて、夢を見ているような感覚。


お昼になり、みんなで湖南料理を食べにいった。

丸いテーブルを囲んで野菜スープを飲んでいたまさにその瞬間、

こんなときにわざわざ出てこなくてもいいのに、

あの石川さゆりがひょっこり出てきた。

うわっ、やば、と思った時にはもう手遅れで、

「どうしたんですか。」と主席弁護士の人に聞かれたときには、

すでにハートの愛を感じて絶頂へ…。

そのときの表情は完全に〝天城越えのサビの部分を唄う石川さゆり〟だったと思う。

帰りの列車の中でゲイリーの講演会の録音を聴いた。

「赦しとはエゴをないとして消去してゆく作業だ」という言葉がバコン、と入る。

日本語では解体と訳されているが、消去の方が深く入る。


列車に揺られながらちょっと思う。

女のしおちゃんが 『天城越え』 になるのはわかる。

でも、な、なんで、オレ…?。

ハレルヤさんもよく神を感じて、

泣きのシーンを演じる大女優のようにむせび泣いているが、

あれはひょっとして石川さゆり状態、ってこと?

それなら安心。


こうやって香港の自宅へ帰り着いたのが夜の8時半。

心地よい眠気が上げ潮のように襲ってくる。

ハートはまだひゅんひゅん唸っている。

ああ、今夜はよく眠れそうだ。