香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ぞろ目こわい


↑上海事務所からの風景。この日の気温は2度。
ここ数か月だろうか、

なぜか〝ぞろ目〟の数字ばかりを目にする。

デジタルの時計を見ると、22:22だったり、

銀行の待ち札の番号が111だったり、

交通費を清算すると、2,222ドルだったりと、

一日に最低1、2回はぞろ目を経験する。

特に、1のぞろ目と2のぞろ目が多い。


パチンコやルーレットでも、

数字が揃えば〝当たり〟ということらしいので、

(僕はギャンブルをしないので分からないが…。)

まあ、ラッキーなのかな、くらいに思っていたが、

こうも続くと、なんか気持ち悪くなってくる。

で、いろいろネットを調べてみた。

まず、特別は配列の数字は意識に残りやすいため、

ぞろ目などの特別な数字だけが強調され、

他の普通の数字は記憶から排除されてしまう、

と、いたって常識的説がある。

しかし、この説だと、僕たちは昔からずっと、

ぞろ目ばかりを目にしているはずであり、

最近だけそうなっているのはおかしい、

ということになる。


また、

これは霊的なメッセージである、という説では、

なぜ、其々の数字にその様な意味があるのかが、

解説されていないので、イマイチ説得力に欠ける。


でも、ぞろ目を多く目にするようになったのは、

この世界を完全に夢だとして〝相(あい)対する〟

ようになってからだということは確かなので、

なにか、そこら辺の事が関係しているのだろうな、

とは思っている。

というわけで上海出張である。

今回は会計士さんと話をするだけなので、

気持ちはラクなのだ。

最近上海出張の度に泊まり続けているレトロホテルは、

ちょっと食傷気味、ということで、

今回は利便性のみで、空港近くのホテルにした。

メルキュールというスタイリッシュホテルなのだが、

これがまた、奇妙にスタイリッシュなのである。

壁を押すとそこが浴室の扉になっていたり、

レゴのようになった、どれがどのスイッチなのか

全くわからない照明のスイッチとか、

縦棒だけで数が表示された電話のボタンや、

使い方が全く分からないコーヒーメーカーなど、

うちの母親だったらストレスでめまいを起こしそうな

スタイリッシュさなのである。

そもそも、こんなのをスタイリッシュと呼べるのか?

部屋の中で謎解きをしているみたい。


そして部屋番号は622と、

微妙に残念なぞろ目?であった。