香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

三ツ矢サイダー

f:id:shusaku1:20200111000909j:plain

 

今日は、トレーナーとのセッションの日だったので、

 

朝から、焼くだけ冷凍餃子とゆで卵三つをしっかり食べ、

 

筋トレに臨んだお陰で、スタミナ切れすることもなく、

 

120キロのスクワットやダンベルプレスをこなせた。

 

今週、僕が日本へ里帰りしてしまうため、

 

今月のパーソナルトレーニングも今日が最後、

 

ということで、余計に気合を入れて頑張った。

 

 

筋トレを終え、ヘロヘロになってアパートへ戻ると、

 

エレベーターが二台とも全て止まっていた。

 

おい、マジかっ!

 

守衛のおじさんが無言で階段を指さしている。

 

仕方がないので、非常階段を22階まで歩いて上る。

 

筋トレの延長線だと思い、一段飛ばしで上ってゆく。

 

ああ、明日の筋肉痛が楽しみだ!

 

f:id:shusaku1:20200111001100j:plain


 誰かを赦すとき、その人が何かをしたからではなく、

 

実はなにもしなかったからこそ赦す、とよく言われるが、

 

何もしなかったどころか、何もなかった、という話である。

 

 

ただの想いが勝手にシュワシュワと、

 

三ツ矢サイダーの泡のように立ち上がり、

 

泡ぶくを〝根暗な山田さん〟とか〝優しい鈴木さん〟

 

として認識しているだけで、そこには誰もいない。

 

そういう意味で、赦すというのは、

 

その何も無いところに立ち上がってくる思考を、

 

ただ神にささげてゆくプロセスでもある。

 

 

なので、

 

夢の世界や、存在すらしない他人を変える必要はない。

 

風景も、感情も、見えているまま、感じているままでいい。

 

家族も、ペットも、同僚も、愛車も、全部捏造されている。

 

それよりも、自分達が唯一存在しているのは神の中だ。

 

その真実を思い出し、あらゆる物事や、家族や、同僚や、

 

仕事上のトラブル、金銭問題、に対し、

 

それが夢で、自分は神の内なる我が家にいながら、

 

そこから追放された夢を見ているに過ぎない、

 

という事実を当て嵌めてゆくのだ。

 

そうやって、

 

夢を自覚することで、愛の存在を自覚することとなり、

 

今度は、神を反映させた夢を見ることになる。

 

f:id:shusaku1:20200111001048j:plain

 

要するに、日々立ち上がる日常の出来事に於いて、

 

心のセンサーを概念や個人の解釈の方ではなく、

 

神の方に向ける訓練をすることが大切になってくる。

 

なぜなら、

 

習慣づいている方を、心は実在と見なすからである。

 

 

心(意志)が、いま、ここにある神に気づき、

 

その何とも形容しがたい〝神の愛の感覚〟の中に、

 

真実の自己を見て、全部が神であり自分だったと気づく。

 

もう、本当に神に気づくだけ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com