香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

さよならエドワード

f:id:shusaku1:20210430164915j:plain

👆 家飲みはやっぱり〝角〟に限る!

 

 

今日は、エドワードの出社最終日であった。

 

最終日であるにもかかわらず、

 

彼の仕事を引き継いだ日本本社の担当者から、

 

次々質問の電話が来て、対応に追われていた。

 

その担当者(中国人女性/契約社員/30代)は、

 

これまで甲府本社で検査業務をしていたが、

 

中国語ができるというだけの理由で、突然、

 

エドワードの業務を担当することになり、

 

かなりのプレッシャーでテンパっている。

 

しかも、彼女の上司が何もサポートしてくれず、

 

彼女が間違った時だけ指摘してくるそうなのだ。

 

 

まあ、片方の言い分だけを聞いているので、

 

実際どうであるかは一概には言えないが、

 

同じ中国人ということもあり話しやすいのだろう、

 

エドワードは彼女に色々アドバイスをしている。

 

そんなやりとりを見ながら、もういなくなるんだあ

 

と思えば、万感込み上げるものがあった。

 

 

ケリーやふぁちゃんが去っていった時も、

 

寂しいいなあ、とは思ったが、それでもまだ、

 

他にスタッフが何人もいたので、

 

今回ほどではなかった。

 

しかし、

 

エドワードは香港事務所最後のスタッフであり、

 

長年苦楽を共にしてきた同志でもでもあるので、

 

惜別の寂しさもひとしおなのである。

 

 

退勤間際の5時過ぎ、彼の離職手続きを行なった

 

ノートパソコンやオフィスの鍵を返却してもらい、

 

その後、在職証明書の書類を手渡した後、

 

解雇補償金の小切手の受取証にサインをもらう。

 

そして最後、

 

「GOOD LUCK!」と言って彼は去っていった。

 

 

f:id:shusaku1:20210430165409j:plain

👆 近所のエッグタルトにハマっている
 

 

それにしても、

 

会社の同僚って不思議な関係だな、と思う。

 

プライベートでそんなに親しい訳でもないのに、

 

ともすれば、家族よりも長い時間一緒にいて、

 

気を遣い合ったり、きいぃーっ、となりながら、

 

業務という共通した目的を果たすために、

 

同じ人生、同じ時間、同じ空間を共有している。

 

そして、ある一定期間、一緒に過ごした後、

 

人事異動や退職といった形で離れてゆく。

 

 

しかも、日々の業務や、人間関係、

 

仕事上のいら立ちや腹立たしさ、など、

 

同僚だからこそ共有できる特別な領域がある。

 

こういう事は、微妙な社内の事情を知らないと、

 

いくら親しい家族や友人に話しても、

 

なかなか分かってもらえなかったりするのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そして僕は、この会社という道場で長い間、

 

自分に気づき、愛に気づき、

 

自分の背後の内なる神に気づく実践をしてきた。

 

そして、そろそろ、

 

この道場を卒業する時を迎えようとしている。

 

 

また、僕が次に進む場所はもはや、

 

〝道場〟などといった訓練の場所ではなく、

 

そこは、兄弟たちと愛を共有する場所だ。