香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ゲスの極み

f:id:shusaku1:20210530015820j:plain

👆 襟元がかわいいワイシャツを購入。

  新しい会社には新しいワイシャツで出社だ!

 

最近、夜11時頃に眠り、朝7時頃に目覚める、

 

という健康的な毎日を送っているボクである。

 

昨日も、金曜の夜ということで、夜更かししようと

 

WOWOWの映画を見ていたら、いつの間にか、

 

ワイングラスを持ったまま眠ってしまい、

 

グラスが手から落ちて中身がバシャーンとなって

 

びっくりして目が覚めた。

 

幸い、白ワインだったので助かった。

 

 

今日は、朝から夕方まで小説を書いて過ごした。

 

あっちの世界に言ったまま数時間を過ごす。

 

晩御飯の弁当を買いに行こうと立ち上がったら

 

ふらふらしてこけそうになった。

 

これではいけないと思い、夜9時頃にジムへ行き

 

ストレッチや腹筋などの軽い運動をした。

 

最後、床にマットを敷き、20分ほど瞑想をした。

 

今に気づき、自分に気づき、神に気づきながら、

 

自分の中のあらゆることに許可を出し続ける。

 

 

香港で香港人のスピ友が欲しいなあ、

 

自分の作品のみを出版する会社を創りたいなあ

 

今度の会社、超ゆるゆるだったらいいなあ、

 

夏の普段着がほしいなあ、台湾に住みたいなあ

 

オーケー、オーケー、許可する、許可する…。

 

どんなにゲスな事にも全許容で肯定する。

 

 

f:id:shusaku1:20210530015835j:plain

👆 今年初のライチを味わう 

 

 

僕の場合、もうネガティブな願望はなくなったが

 

ある人にとっての自分に対する許可は、例えば、

 

あの人が会社からいなくなればいいのになあ、

 

パートナーと別れて新たな人生を始めたいなあ、

 

大声で姑にバカヤローと叫んでやりたい、

 

不倫して、思い切り気持ちのいいセックスしたい、

 

といった、罪悪感に直結したものかもしれない。

 

しかし、それでもいいのだ。

 

オーケー、と、自分に許可を出してやる。

 

本当に実行するかどうかはどうでもいい。

 

これは自我でなんちゃらかんちゃら、

 

こんなわたしは存在しない、なんちゃらかんちゃら

 

あの人を愛だけで見たい、なんちゃらかんちゃら

 

もういいから。

 

ウザいからそういうのは止めよう。

 

どんなにゲスなものでも自分から出た願望だ。

 

ちゃんと受け止め、許可を出してやる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そして、聖霊だ、愛だ、赦しだ、の前に、

 

奥さんちょっと聞いてよ、的なものに蓋をしない。

 

それが、自分の本音に寄り添うということであり、

 

自分を責めない、という真の意味である。

 

週刊誌の女性セブンが売れるのは、

 

そういうゲスなものの中にこそ、

 

許可すべき自分の本音が隠れているからだ。

 

 

低俗と思える事のなかにこそ、

 

最も純粋な真実が隠されている。

 

👇 更新したよ!

shusaku1.hatenadiary.jp