香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

コーヒーカップ事件

f:id:shusaku1:20200509145657j:plain

 

今日は、ちょっと大人げなくて、恥ずかしすぎる話を書く。

 

 

事務所で長年使っていたコーヒーカップが、

 

一つ割れ、二つ割れして、とうとう二個になった。

 

その残りの二個にも、ひびが入ってしまっている。

 

以前なら、こういったオフィスで使う備品などは、

 

秘書のケリーが揃えてくれていたのだが、

 

3年前に彼女が去り、たった三人の男所帯となった今、

 

俺たち野郎どもだけで調達しなければならない。

 

 

しかし、他の二人は、どこに売っているかわからない、

 

とか、どんなのを買えばいいのかわからない、と、

 

グズグズ言い、なかなか行動に移さないので、

 

仕方なく、僕が買いに行くことにしたのだった。

 

それで、先週の土曜日、このブログでも紹介した、

 

陶器専門店まで、コーヒーカップを買いに行った。

 

ここならバラ売りしてくれるし、種類も豊富なので、

 

多分、適当なのがあるだろうと思ったのだ。

 

 

あまり派手でないカップと皿のセットを5つ買った。

 

そしてあくる日、このコーヒーカップを会社へ持って行き、

 

掃除のおばさんにきれいに洗ってもらった後、二人に、

 

これからはこのコーヒーカップを使ってください、と伝え、

 

茶器を入れるかごの中へ並べて置いておいた。

 

しかし、エドワードも、もう一人の日本人も、相変わらず、

 

古いカップでコーヒーを飲み続けている。

 

このとき、本当に自分でもくだらない、と思いながらも、

 

せっかく、休みの日に、わざわざ買いに行ったのに…、

 

と、むかっ腹が立ち、大きな怒りが込み上げてきた。

 

f:id:shusaku1:20200509145709j:plain

 

本人に伝えるか、それとも、心の中で処理するか迷った。

 

それでしばし自分の中でプチ〝自分会議〟を行なった。

 

 

本人に直接聞いてみる?👉大人げないと思われる👉

 

このモヤモヤどうする?👉小さい奴と思われたくない👉

 

じゃあ人の目を気にしなくてよかったらどうしたい?👉

 

そりゃあ言うよ👉言って気が楽になるのかな👉まあね

 

 

大体こんな感じで自分の本音を確認していった。

 

たとえ最終的な本音が〝面と向かって相手に訊く〟

 

であっても、その通りに実行する必要などない。

 

行動自体はどっちでもいい、というか、どうでもいい。

 

要は、こういった、本当に些細な怒りや恐れが出た時、

 

ま、いっか、とモヤモヤしたままやり過ごすのではなく、

 

本当はどうしたいのか、と、きちんと自分に、

 

本音を確認してゆく作業をすることが大切なのだ。

 

その結果、本当は言いたいけど、大人げないからやめる

 

と自分が決断したのなら、それはそれでOKである。

 

 

なんで、いちいち自分の本音を自分に聞くのかと言うと、

 

〝自分に訊く〟ことと〝聖霊に訊く〟ことは、

 

プロセスが同じであるからだ。

 

なぜなら、

 

聖霊は〝自分〟の正しい心の部分、本音の部分、

 

つまり、

 

自分の内側にある本当の部分を代表しているので、

 

聖霊兄貴と交流しようとするのなら、当然ながら、

 

まずはその前に、本当の自分(本音の自分)と、

 

コミュニケーションが取れていなければならない。

 

 

コースでは、聖霊に訊きなさい、とよく言われる。

 

それで、聖霊よ、この罪悪感を修正してください、

 

などとやってみるが、イマイチ答えが来ている感がない。

 

なぜなら、聖霊に訊く作業は、

 

本当の〝自分〟に訊く作業でもあるので、

 

自分の中の本当の部分を隠したまま、

 

本当の部分(聖霊)にアクセスすることなどできないのだ。

 

f:id:shusaku1:20200509145632j:plain

 

また、

 

自分と会話をするようになって、わかってきたことは、

 

本当にうまく自分にウソをついている、ということだ。

 

「私、全然、そんなこと思ってまっせーんっ!」

 

みたいにして、本音の自分を完全スルーしたりしている。

 

これって、聖霊を完全無視していることでもあり、

 

そうやって、聖霊(本当の自分)を抑えつけながら、

 

聖霊―っ、とやっているのだから、もう意味不明である。

 

 

なので、導き出した本音を実行する、しないは関係なく、

 

自分が本当はどうしたいのかを、自分に訊いて、

 

〝こんなことを思っている自分〟を明確に認めてやる。

 

こうやって自分の本音のやり取りに慣れてくると、

 

だんだん、あれ、自分と話していると思っていたけど、

 

本当は誰と会話しているんだろう、あ、兄貴やん、

 

となり、さらに、神と交流してたんやん、となる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

最後、コーヒーカップ事件の顛末をお話しすると、

 

僕は、もう一人の日本人に、直接思いを伝えた。

 

「わざわざ土曜日にワンチャイまで買いに行ったのに、

 

 なんで古いカップを使ってるんだ!

 

 気に入らないのなら言ってくれ。捨てるから」

 

と、もう大人げないを通り越し、子供丸出しで告げた。

 

「ああ、す、すみませんでした。

 

 いつもの癖で、つい、古いカップを使っちゃいました」

 

と、ものすごく恐縮されてしまった。

 

昼休みにお弁当を買いに出て戻ってくると、

 

この件は、エドワードにも伝えられていて、

 

ヒビの入った古いカップはすでに処分されていた。

 

 

と、そんな、コーヒーカップ事件、であった。

クモを助ける

f:id:shusaku1:20200503171637j:plain

 

今日、会社のトイレで用を足していたら(小のほう)、

 

(※もちろん僕は男なので、立って用を足す)

 

便器の右端の空中に、直径2ミリほどの、

 

小さな黒い物体が浮かんでいるのを発見した。

 

何だろう、とよく目を凝らしてみれば、

 

それは一匹のクモだった。

 

点のように小さなクモが、便器に巣を張ろうとしている。

 

f:id:shusaku1:20200503171557j:plain

 

一瞬、どうしよう、と思った。

 

このまま水を流せば、クモはひとたまりもない。

 

手でクモをすくって逃がしてやろうとすれば、

 

きっと、自分の指が便器に触れるだろう。

 

棒か何かに絡ませて捕るにはクモはあまりにも小さすぎ

 

一歩間違えば、水の中へ落ちてしまうかもしれない。

 

掃除用のゴム手袋をしてだと、ゴワゴワしすぎて、

 

2ミリ足らずのクモを押しつぶしかねない。

 

f:id:shusaku1:20200503171648j:plain

 

用を足し終えた僕は、しばしクモを凝視していた。

 

彼は小さいながらも懸命に糸を吐き、巣作りをしている。

 

「なんか自分みたいだ」と思った瞬間、僕は手を伸ばし、

 

そのクモを掌に載せてすくい上げていた。

 

窓辺に置かれた鉢植えの上に手を持ってゆくと、

 

クモは大急ぎで逃げて行った。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ああ、助かったあ、よかったあ、と僕は胸をなでおろした。

 

でも、助けた後で思ったのだが、あのクモはきっと、

 

自分が助けられた、なんて思ってもいないのだろうな。

 

それどころか、とんだ災難に遭った、と感じているだろう。

 

きっと僕たちも、このクモと五十歩百歩なんだよ。

 

 

それにしても、

 

なんであんな場所に巣なんか作ろうと思ったのか。

 

謎な行動をするあたり、

 

さすが、僕の夢のストーリーに出てくるクモだけある!

 

 

ドリアンの季節

f:id:shusaku1:20200512221837j:plain

 

昨日もそうだったが、今日も兄弟に助けられた。

 

東京支社の経理の女性から電話があり、

 

運送費の帳票のことで色々細かく聞かれ、面倒だなあ、

 

と思いながら、あちこちの書類を調べていたら、

 

フランスへ送ろうととしていた運送費とは全く別の書類に

 

大きな不備が見つかり、間一髪で修正することができた。

 

この間違った書類をそのまま送ってたら、

 

また返送してもらって、修正して、再度郵送しなおし、

 

を繰り返さねばならず、

 

経理の女性が聞いてきてくれたおかげで本当に助かった。

 

  f:id:shusaku1:20200503171544j:plain

 

なんか最近、こういうふうに助けられることがよくある。

 

嫌だなあ、と思っていたことが、実は愛だった、とか、

 

なんだコイツ、と思っていた人が、実は助けてくれていた

 

みたいなことが続出している。

 

なので、近頃では、

 

何かちょちょ舞うような現象が起こっても、

 

「ああ、これも、助けられてるんだろうなあ。」

 

と、余裕を持てるくらいまでになっている。

 

ただ、これは、

 

「兄弟を信頼してたら、事がうまく運んでラッキー。」

 

という意味で言っているのではない。

 

そういう現象を通じて、神を感じられることが、

 

ただ単純にうれしいのだ。

 

それに、こういうとき、

 

神は絶対に僕たちを忘れてはいない、と実感できる。

 

 

現象として、何が起ころうと、起こるまいと、

 

神はずっとここに在り、ハートはここに流れている。

 

その流れに抵抗せずにじっとしていると、

 

わわわ、と神がやってくる、とそんな感じ。知らんけど…。

 

 

まあ、僕なんかはまだまだ修行中の身なので、

 

とりあえず、見えるもの、聞こえるものから神へと入る。

 

そこから自分が神と同じだったことを思い出してゆく。

 

f:id:shusaku1:20200503171625j:plain

 

あ、そうそう、

 

先日書いた、鏡の自分と対話するアレだが、

 

自分会議と名付け、毎晩、寝る直前にやっている。

 

日中、なんかモヤモヤするようなことがあっても、

 

今晩自分会議で話せばいいや、てな感じで、

 

「今日のあれ、見たか?ウケるよな!」

 

とか、鏡の中の自分に向かって言っている。

 

会話の内容自体はくっだらない事ばかりなのだが、

 

今思えば、

 

兄弟たちに助けられていることを知覚し始めたのも、

 

この自分会議を始めてからのような気がする。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ほの暗い寝室で、おっさんが一人、

 

鏡の自分に向かって、なにやら独り言を言っている。

 

これって、傍から見ればかなりホラーだと思う。

 

完全一人暮らしとかでない限りは、

 

絶対にやってはいけない。

 

(👆 やらねーよ! by 読者一同)

 

 

でも、薄暗い部屋で鏡を見つめててわかったんだけど、

 

肉体って青白く光ってるんだね。初めて知った。

 

背後にもう一人の光の輪郭とかも現れ、光が強くなると、

 

自分の顔がまるで宇宙人のような別人に見えてくる。

 

 なんか不思議。