香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕、壊れる

f:id:shusaku1:20200509145834j:plain

 

昨日は奇妙な一日だった。

 

土曜日の夕方、僕は、ふとした思いつきで、

 

玄関にあった1メートル四方ほどの姿見の鏡を外すと、

 

寝室のベッドの飾り板の前に立てかけた。

 

次にその鏡の前に胡坐をかいて座ると、何を思ったのか

 

僕は突然、鏡の中の自分と会話を始めたのだ。

 

f:id:shusaku1:20200509145820j:plain

 

「年下の奴からタメ口きかれたらムカつくの当然だよな」

 

「あんな言い方されたら誰だって傷つくに決まってる」

 

「あの時に僕を庇ってくれたあの人、どうしてるかな」

 

 

まるで他の誰かと、普通におしゃべりでもするように、

 

鏡に映る自分の瞳を凝視しながら語り掛ける。

 

もちろん、こんなこと、やろうと思ってやってない。

 

f:id:shusaku1:20200509145542j:plain


 やがて、会話は自分自身との対話へと移行していった。

 

 

「いままで君の言うことに耳を傾けなくてごめんな」

 

「それどころか、僕は君を傷つけてばかりいた」

 

「もう、僕は君への(僕への)抵抗を止める。君と共にいる」

 

 

もう、自分が誰に語り掛けているのか分からなかった。

 

自分と対峙しても、最初は一言も発せられなかったが、

 

慣れてくると、いままで自分に言いたかったことが、

 

怒涛のようにこみあげてきてきた。

 

心の中で思うのではなく、実際に声に出して言った。

 

その方がいい、と直感したからだ。

 

f:id:shusaku1:20200503171449j:plain


 

遮光カーテンを引いて寝室が薄暗かったせいもあるが、

 

鏡の中の自分の輪郭が青白く光って見える。

 

と、もう一回り大きな人型の輪郭が立ち上がった。

 

あっ、僕と共に旅する光の存在だ、と思った。

 

夢に出てきた、あの彼に違いない。

 

彼はいつも僕と共にいて、あらゆる手を尽くし、

 

この夢の世界で苦しんでいる僕を助けようとしている。

 

なのに、生まれてこのかた、僕はそんな彼を無視して、

 

自分勝手の限りを尽くし、結果、全て失敗していた。

 

f:id:shusaku1:20200503171530j:plain

 

1時間くらい自分と(本当の自分と?)話していた。

 

なんでこんな行動を取ったのか自分でも謎である。

 

僕なんかより、何倍もスピに詳しい読者の方なら、

 

「ああこれって、あのミラーなんちゃらメソッドね」

 

となるのかもしれないが、僕は何も知らずにやった。

 

 

で、深夜、小腹が空いたので、

 

ワイングラス片手にウインナーを炒めていた時、

 

突然〝巨大な有難さ〟がこみあげてきて、

 

気が付けば僕は、床にへたり込んで号泣していた。

 

 

この瞬間の感覚を説明するのは難しい。

 

もう、ただただ、自分が有難く、兄弟が有難く、

 

大好きなこの人も、小憎らしいあいつも、

 

みんなみんな、自分の中で愛の光を放っていた。

 

 

しばし、有難うーっ、と叫びながら思う存分泣き続けた。

 

この時ほど、1人暮らしでよかったと思ったことはない。

 

f:id:shusaku1:20200503171503j:plain

 

もう、自分を全肯定して生きよう。

 

なぜなら、自分を全肯定して生きることが、

 

神を全肯定して生きることだと確信できたから…。

 

ただしそれは、決して、

 

〝個の自分〟を全肯定する、ということではない。

 

自分の夢に〝反映〟されている神の世界、

 

愛としての全兄弟を肯定する、という意味である。

 

 

大好きなあの人、小憎らしいあいつ、恐れの対象、

 

過去の自分が、赦されるために(全肯定されるために)、

 

他者となって、今の自分に会いに来ている。

 

だから、彼らは全て〝わたし〟の心そのものである。

 

 

僕はもう、人を憎むことはないだろう。

 

同時に、これでやっと本当の赦しを始める態勢が整った。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

と、そんな出来事から一夜明けた日曜日の午後、

 

一ケ月ぶりに、トレーナーのもとでリアル筋トレをした。

 

一ケ月以上のブランクがあるということで、トレーナーも

 

負荷の少ないメニューを組んでくれていたにも関わらず、

 

もう、辛くて死ぬかと思った。

 

 

というわけで、

 

今月17日ごろにコロナ終息宣言が出そうな香港である。