香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

甘えん坊のように

とにかく暑い。今日は36度くらいあると思う。

窓を網戸にして昼寝をする。

蝉の鳴き声、木々のざわざわいう音、天井に照り返す明るい日差し…。

暑いけど気持ちいい。体が浮遊するようにふわふわ上昇してゆく感じ。


なんか、ずっと寝てばかりいたこの3日間だった。

しかし、眠っていたという感覚があんまりない。

寝ている間、ずっと何かが書き換えられてゆくような、

裏で何かの作業が行われているような、奇妙な体感があった。


↑日本から香港へ戻る機内で撮影。
「さあ、早く目醒めるんだよ。大丈夫、ゆっくりでいいからね。」

その間、実相の世界にいる父の呼びかけを聞きつづけていた。

また、過去の〝あ〜あ、やっちゃった〟体験がよみがえるたびに、

兄貴にすべてを委ねる。

実際何もやっちゃっていない、ただ、やっちゃったような体感はあるので、

甘えん坊のように、ゆっくりと兄貴に修正してもらう。


おとといの記事で、あともう1回ここへ戻ってきたら親の遺産を云々…、

みたいな話を冗談で書いたが、やっぱり、もういいや!

俺は、父のもとへ帰る。


↑夕方少しだけ裏の小径を散策した。

さあ、大きな赦しの最大の山場となる6月が始まった。

今月起こることすべてを〝何も起こっていない〟と認めてゆくこと、

ずっと兄貴と一緒にいて、兄貴にやってもらうこと、

そして何より、ハートの光を感じていること、

そうやって決まっていた時間を削除してもらう。

どこまで行けるやら、楽しみだ。