香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ふたつの反転


↑フィリピン工場にあった本。僕には縁がなさそう。

いま、フィリピンのホテルにいる。

今日はフィリピン一日弾丸出張だった。

午後1時に工場へ着き、夜9時まで仕事をした。

在庫数がなぜか去年より2倍に脹れあがっており、

ずっと、いろいろ走り回り、原因調査をしていた。

結果、2年前の在庫のカウント方法に問題があり、

労務費の計算方法も間違っていたことが判明した。


レポートを工場長にメールし、ホテルへ戻った。

そう言えば、今日何も食べてない。

ミニストップで、チャーシュー饅を二つ買って食べた。


毎度おなじみの工場長はマニラ出張で不在だった。

工場で何やかややっていても、やっぱり静かだ。

決定の主体の位置から見れば、

そこには誰もおらず、自分さえいない、と分かる。


明日は朝4時に起きて香港へトンボ帰り。

しかし、こんな早い時間に眠れるわけはないので、

明日の仕事に支障が出ないよう、

今日だけ催眠導入剤のレンドルミンを1錠飲んだ。

夕方6時ごろ飲んだので、そろそろ聞いてくるはず。

4時間だけ効くおくすり…。


そして、朝4時に起きて空港へ…。

しんどい。チョー眠い。

そんな朦朧とした意識の中、飛行機に乗っていると、

〝2度の反転〟という言葉がばん、と入ってきた。

もちろん、意識の反転のことだ。


最初の反転は、

意識が前方の景色(スクリーン)に落ち込んでいる意識が、

背後の虚数空間にくるりと反転してしまうことで、

〝決断の主体がある位置〟を発見すること。


そして、2度目の反転は、決断の主体自体が反転する。


一回目の反転を起こしたエゴの自分が、それでも、

〝決断の主体がある位置〟からの赦しを続けていくと、

やがて、決断の主体が自分のように思えてくる。

すると、外の世界が,

大型画面に映る映像のように見え始め、

たとえ、自分を含む多くの登場人物が、

てんやわんやしている画面を見ても、

そこに意味を見いだせなくなる。

それでも、聖霊兄貴へ全託し続けていくと、

幻想の画面から段々意識が離れはじめ、

聖霊兄貴と一体になり始める。

そして、決断の主体自体が、背後へと反転し、

そこで、我々はついに父(神)に出会うのだ。


学生の頃、深夜に自分の部屋で受験勉強をしているとき、

背後に誰かがいるような気配がするのだが、

なんか怖くて、振り向けなかった経験があると思うが、

たぶん、あんな感じなんだと思う。


二度目の反転の際、

決断の主体が振り向いて、神に出会ったとき、

恐怖でまた前を向き直さないように、

僕たちはいま、ここで、練習と準備をしているのだ。


ほとんど夢うつつのなか、香港に着いた。

ああ、もうへろへろ。