香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

幻の痛み



ひゃっほーい!

いまさらこんなことを言うのも気が引けるのだが、

今日、ついに奇跡講座テキスト編を読破したのだ!

ワークブックはすぐに読み終えたのに、

テキスト編読破には4年くらいかかってしまった。

まあ、こんなに時間がかかったのも、

きっと、実践の度合いに応じて、

僕にテキストを理解させようという、

聖霊兄貴の導きだったんだね。

(↑ でたぁー!ご都合スピリチュアル!)


というわけで、久しぶりに、

昔、深圳工場のあった辺りへ出張した。

香港から歩いて国境を渡ると、景色が一変する。

それにしても、中国の都市って、

どうしてこんなにも殺風景で殺伐としてるのだろう、

と、大陸へ出張するたびに感じる。

たくさんの現代的なビルの間を高級車が行き交い、

通りも活気に満ちているのに、どこかみずぼらしい。

そこに香港のような温かみのある色彩はなく、

なんていうか、街のトーンが灰色っぽいのだ。

まるで共産主義国家の意識が反映されているようで、

イミグレを出た途端、早く香港に帰りたくなった。

電車の中でそんなことを考えつつ、

テキストをめくっていると、次の文章が目に留まった。


『覚えておきなさい。

 あなたは自分が選んだものを観て、

 それが自分のアイデンティティーだ、

 と信じることになるのだから、

 自分が下すひとつひとつの決断が、

 自分のアイデンティティを確立するということを…。』


『自分が見ている対象と繋がり合いたいか、それとも

 自分を分離した別個のものとしておきたいか

 という単純な選択次第で、愛を抱いて見ることも、

 憎悪を抱いて見ることも可能である。』

(テキスト編-31章-Ⅷもう一度選び直しなさいより)


おお、でたーっ、兄貴の即行修正…。

はいー!御意っ!


↑緑色の部分が痛みを鎮める指令を出すDLPFC

家に戻り、鶏胸肉の夕飯を取りながら、

BS1の『腰痛-治療革命』という番組を見た。

最初は、腰痛の新しい治療法でも紹介するのかな、

と思いながら見ていたのだが、

実際には、痛みと恐怖をテーマにした内容で、

とても興味深かった。


番組によると、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど、

腰痛になった全患者の90%は、

3か月以内に自然完治してしまうのだという。

腰痛自体は完治しているにもかかわらず、

なぜか痛みが続く症状を慢性腰痛と呼び、

現在、ほとんどの腰痛持ちの人がこれに属する。


筋肉や骨に異常がないのに痛みを知覚するのは、

痛みの回路を静める働きをする、DLPFCという、

脳の左前部の部分が強いストレスを受け、

衰えてしまっていることが原因らしい。

そして、その強いストレスの元凶になっているのが、

痛みに対する無意識の恐怖心なのだという。

「腰が痛くなったらどうしよう、痛いのは怖い。」

という恐怖心が、ストレスとなってDLPFCを衰えさせ、

身体に〝幻の痛み〟を生みだしているというのだ。


この幻の痛みを改善させるには、

まず、自分はすでに完治していて、

故に、この痛みは幻であるため、恐れる必要はない、

と、脳に認識させる必要がある。


そのための手立てとして、番組では、

いかにも頼りになりそうな医学博士の先生が、

あなたの腰痛は治っている、と、

手を変え品を変え、何度も説明するビデオを見せたり、

身体はすでに完治ているので、

これは幻の痛みなのだ、という自覚のもと、

敢えて身体を動かすようにした結果、

症状が改善され、自転車に乗ったり、

縄跳びができるようになるのだという。


↑あなたはもう治っている、と頼れる先生が、
 力強く何度も語り掛ける。

例えば、腰痛の人は、つい腰をかばおうとするため、

どうしても前かがみになりやすいのだが、

敢えて1日3回3秒間、腰を反らせてみる。

腰痛持ちの方は背中をそらす動作が一番怖いので、

それを敢えてやることで、痛みを直視し、

その結果、痛くないという体験を重ねることで、

脳に大丈夫と教え込むのだ。

このエクササイズを、介護施設で働く、

腰痛持ちの職員を対象に実施したところ、

6割の人の腰痛が改善した。


それでも、改善されなかった人たちは、

カウンセリングと運動を組み合わせた

セッションに参加する。

そこで、徹底的に恐怖の根底にあるものと向き合い、

自分はすでに治っているという自覚を浸透させてゆく。

そうすることで、脳内のストレスがなくなり、

DLPFCが正常に働き始めるのだという。


↑腰痛持ちが一番嫌がる〝腰を伸ばす〟という行為を
 少しずつ行なうことで、恐怖を手放してゆく。
 ていうか、この人たち、まず痩せなきゃ、だろ!

この番組では腰痛をテーマにしていたが、これって、

全ての痛みと恐怖の状況に言えることだと思う。

僕たちは常に恐れているが故に苦痛を生み出す。

物理的な苦痛があるから恐れるのではないようだ。

そして、その恐れの根底にあるのが、

心の中に隠蔽されている罪悪感だ。

なので、外的な要因で腰痛になったのではなく、

心の中の罪悪感が、罰せられるという恐れと結びつき、

それが痛みとなって顕われている。

要するに、

罪悪感からくる恐れをを肉体に投影した結果、

痛みを生み出しているのだ。


それが解かれば、先ずは専門家(聖霊)の誘導の下、

痛みを直視することで、その痛みは存在していない、

と自覚し、ウソの信念を専門家に開放することで、

間違っ知覚を訂正してもらう。


でもまあ、一気にはいかない。徐々にやっていく。


そんなことを考えながら、また最初から、

テキスト編を再読しはじめたボクである。