香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

小切手こわい

f:id:shusaku1:20200619171836j:plain

 

昨日の部門長会議も無事に終え、今日は、

 

月末支払い分の小切手の振り出しに追われた。

 

日本で小切手支払いをする会社は少ないと思うが、

 

香港や欧米諸国では、まだまだ小切手が主流である。

 

ATMで小切手を口座に入れることもでき、

 

手数料も不要な上、郵送もできるので重宝である。

 

だが僕は小切手を発行するのが大の苦手なのだ。

 

社判を押し損ねて印字が欠けてしまったり、

 

発行日や自分のサインを間違え、

 

何度もやり直すこととなる。

 

その度に破棄する小切手を大量に出してしまうのだ。

 

本当は経理をする事務員さんを一人雇いたいのだが、

 

中国との取引が極端に少なくなった今の業務量では、

 

人員を増やすなどもってのほかで、

 

当分一人、孤軍奮闘するしかないと思っている。

 

f:id:shusaku1:20200616230353j:plain

👆 そろそろライチも食べ納め

 

聖霊に訊く、聖霊に委ねる、聖霊を信頼する、は、

 

コース兄弟の基本姿勢ともいうべきものだが、

 

神と一致し始めてからは、聖霊が自分、というか、

 

自分の考えることが聖霊の考え、になっている。

 

 

どういうことかというと、日常で何かが起こり、その結果、

 

自分がどんなことを思い、どんな反応をし、

 

どんな行動をとったとしても、すなわちそれ自体が、

 

聖霊の考えだ、ということだ。

 

 

例えば、

 

大切な面接がある朝、寝坊してしまったとする。

 

大慌てで顔を洗い、服を着ながらも、

 

適当な言い訳を考え、面接先に電話をする。

 

一方で、面接先へ向かう電車の中などで、

 

ちゃんと起きれなかった自分を責めたり、

 

やってしまった、という罪悪感に苛まれたりする。

 

しかし、この状態そのままがすでに聖霊の采配だった

 

ことをすぐに思い出し、あとは何もしない。

 

聖霊に罪悪感を明け渡したり、訂正を依頼したり、

 

何かを祈ったり、ということもしない。

 

要するに、一旦聖霊を信頼し、聖霊に任せたのなら、

 

どんなことが起こって、どんな思いが出てきても、

 

それは聖霊の〝想い〟であり、采配の結果だ、

 

ということだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

第一、寝坊をして焦ることが、よい事かどうかなんて、

 

そんなの個の自分には解るはずなどない。

 

そして問題は、自分が解釈したものを、

 

聖霊に何とかしてもらおうとする意識の動きにある。

 

 

そう、僕が失敗小切手を何枚出そうと、

 

聖霊に、聖霊に委ねたら、聖霊を信頼したら、

 

そのあとに何が起きても、それは聖霊なのだ。