香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

監獄の中で一番マシな場所

f:id:shusaku1:20210206234642j:plain

 

 

あれだけ好きだったワイドショーなのに、

 

旧正月前辺りからまったく見なくなった。

 

なんでなのかは自分にも分からない。

 

朝はいつも、フジの〝とくダネ!〟を流しながら

 

身支度をしていたのに、今はなんと、

 

NHKのBS1で昔の朝の連続テレビ小説

 

〝澪(みお)つくし〟を見ている。

 

 

会社で色々〝すったもんだ〟やっていた頃は、

 

ワイドショーで手を変え品を変え放送される

 

自分に関係のない人たちの災難を見ることが、

 

一種の息抜きのようになっていた。

 

しかし、背後の無限の全体に気づき、

 

神の愛の豊かさが現実に反映され始めると、

 

自分の内側のみに集中し始めるため、

 

人の不幸に同調して安心する必要が無くなり、

 

スキャンダル的なものと波長が合わなくなって

 

しまったのかもしれない。

 

 

f:id:shusaku1:20210131235312j:plain

👆 地下通路にあったホームレスの寝床

  香港では凍死するようなことはない

 

 

それで、いま、

 

会社に嫌な人が一人もいなくなってしまった。

 

以前の僕は、会社が優しい場所に変われば、

 

もうそれだけで十分だ、と思っていた。

 

それ以上は何も望まない、と…。

 

だが、自分に本当の力が戻ってくるにつれ、

 

居心地の良い場所になった会社は、

 

檻の中では一番マシな場所に過ぎないことに、

 

気づき始める。

 

すると、無限の豊かさそのものである自分が、

 

別にこの場所に居続けなくてもいいのではないか

 

という思いが自然発生的に芽生えてくる。

 

 

そう思えたときが〝転換点〟なのだが、

 

なんせ、監獄の中でも一番いい待遇、なので、

 

居心地がよくてなかなか手放せない。

 

それに、新しい場所へ行くときには、

 

多かれ少なかれ、恐怖や名残惜しさが出てくる。

 

しかし、そこでもまだグズグズしていると、

 

嫌でも変わらざるを得ないような、

 

どっかーん、な出来事を自分で作ったりする。

 

 

というわけで、なんでこんな話をするかというと、

 

まさに今の僕がその〝転換点〟にいるからだ。

 

僕は多分、

 

6月ごろには香港を離れることになるだろう。

 

それにしても、今振り返ってみると、僕の場合、

 

〝監獄でのウダウダ〟がなんと長かったことか。

 

独身で子供もいないのだから、決めさえすれば、

 

どんな自由な選択だってできたはずである。

 

でも、それでいいのだと思う。

 

真実の自分が何者であったのか、

 

どんなに愛され祝福される存在であったのか、

 

すべてにちゃんと気づいたうえで、

 

決められたことが、何よりもすごくうれしい。

 

 

まあ、こんな事を書けば、

 

真実の世界は実相(天国)のみであり、

 

この夢の現実の中では、

 

どこへ行こうが全てが監獄だ、とか、

 

何かを決めている私などいないんです、

 

という、ツッコミを入れられそうだが、

 

そんなことは、知っていればいいだけの話、

 

だと思っている。

 

なぜなら、どんなに、それはナイナイ、と、

 

理論を振りかざして言ったって、

 

朝起きたら、世界は見えていて、

 

その中で、何かを考え、何かを言って、

 

何かを感じているわけであり、

 

この夢が終わるまでは、

 

個の肉体もここにちゃんとあるからだ。

 

だから、今回が最後の生になる時、

 

この夢の現実も〝幸せな夢〟であるはずである。

 

そして、それには僕たちの〝決断〟が必要だ。

 

勝手に誰かが何とかしてくれるわけではないのだ。

 

 

神の力と愛が自分の内側に戻ってくれば、

 

それが夢の現実に反映され、

 

見えている絵が

 

〝優しい絵〟へ差し替えられる〝分水嶺〟を

 

超えるときが必ずやってくる。

 

その神の采配に抵抗せずにいること、

 

ハイ、と言って受け容れられた自分が、

 

ただうれしく、誇らしいのだ。

 

 

👇 さよなら、ワイドショー!

  小保方さま、あなたは永遠です!

  ワイドショーを赦しに変えている自分

  に一言「エライ!」

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そういうわけで、香港を離れれば、

 

僕ももう〝香港さん〟ではなくなるわけだし、

 

毎回、愛だ神だ、を繰り返すばかりで、

 

同じ話ばかりしていても、

 

読者の皆様は退屈だと思うので、

 

そろそろ、このブログのお役目も終わりかな、

 

と感じている。

 

まだ、少しの間は続けるつもりでいるけれど、

 

まもなく、HatenaPROも満期になることだし、

 

これを機に、このブログを閉じようかな、と…。

 

 

今後は、

 

小説創作に一点集中してゆきたいと思っている。