香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

導きの真相の真相!


↑『私の広東語手帳』CD録音風景。プロのアナウンサーの方にやってもらった。水道橋にて。


出版社から『私の広東語手帳』の再版が決まったと連絡があった。

ひゃっほーい!


というわけで、昨日、今日とずっと部屋にお籠りだった。

ジムに行こうと思っていたが、外に出る気全くなし。

昨日はずっと〝小説3作同時創作〟をしていた。

WIFIやケータイの電源を切り、ネットを完全にシャットアウトして臨む。

一作目が煮詰まると、別の一作に移り、それがにっちもさっちも行かなくなると、

三作目を手掛けるという、逃げ逃げの創作方法なのだが、

集中力が持続するので、量がこなせる。なかなか自分には合ってるかも。


最近頻繁にある直感が入ってくる。

自分がこのブログで書いているような体験や学びを、

日本ではなく、香港台湾を含む中国圏で発信していけ、というものだ。

小説などの間接的な表現ではなく、直接、書籍や講話会などの形で伝えていけ、というのだ。

もう兄貴しか受け入れないと決めたあたりから、仕事をしていても、道を歩いていても、

この考えがあふれ出してくる。

みぞおちのひゅんひゅんとともに来るので、兄貴からのメッセージであることはわかっていた。


しかーしっ!

そんなの無理!無理!無理!

第一、僕なんかがそんな恐れ多いこと、できるわけがない。

それに、ハレ師匠や乙女ののりちゃんがいる日本ならまだしも、

仲間もいないのに、どうやってそんなことができるというのだ。

誰かのサポートをするとか、まずは中国のブログとかで発信とか、

妥当な線で取引をしようとする。


しかし、兄貴からのメッセージは明確だ。

自分一人で立て!

20代の時から北京語や広東語やベトナム語を学ばせ、

香港に住まわせてきたのは何のためだったのか。

頻繁に日本へ帰れる環境を作り、学ばせてきたのは何のためだったのか。

ずっと導いてきたではないか、と…。


いやいやいや。

それはそれ。これはこれ。

とにかく今はだめ! 年金がもらえるまで、ぜえーったいにイヤなのーっ!

(お、おまえーっ。ね、ねんきんって…。←from 兄貴。)


それでも、兄貴は放さない。

11月に入ってからは、否定しても否定しても、ガンガン来る。

そのメッセージに比例するように、仕事に対する意欲も失せてゆく。


本当はわかっている。

自分は導かれていること。もう今までのやり方を終える時期に来ていること。

自分がいま、ここにいる意味も…。


昨夜『奇跡講座』を読んでいるとき、突然〝マカオ〟という地名が入ってきた。

マカオは元ポルトガル領で、品川区程の面積しかない小さな都市だ。

キリスト教が盛んなのと、一部のカジノの地域を除いて人口も少なく、人々は至っておおらかだ。


↑2011年5月。軽井沢のインテンシブが奇妙な旅のはじまりはじまりぃ〜、だった。


もう本当に起こってないことを悟り、本気で兄貴しか受け入れない、と全託すると、

兄貴も根性入れて、なんとか我が家へ帰そうと全力で出してくる。

こわいよおー。

ここらへんの葛藤はしばらく続きそうだ。