香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

潤いのある男

f:id:shusaku1:20201103191051j:plain

 

11月に入り、香港もようやく秋本番を迎えた。

 

風は爽やかで空気も乾燥している。

 

家でもクーラーなしで過ごせるようになった。

 

 

それで、最近、

 

背中やお腹が、やたら乾燥して痒い。

 

湿疹とか虫刺されとかではなく、

 

皮膚が乾いているっぽい感じの痒さだ。

 

背中を直接自分の手で掻けないので、

 

孫の手を使って掻いている。

 

やっぱり空気が乾燥しているからかな、

 

と思い、風呂上がりに、

 

ベビーオイルを全身に薄く塗ったりするが、

 

それでも、すぐに乾燥してくる。

 

クーラーもつけていないし、

 

日本の冬の乾燥に比べたら、

 

亜熱帯の香港の乾燥なんて、

 

たかが知れているのに…。

 

 

まあ、年齢も年齢だし(笑)、

 

潤いが無くなるのも仕方がないか、

 

とひとり納得していると、

 

今日、昼休みにたまたま見たYOUTUBEの

 

量子力学系スピ動画(なんじゃそれ…)で、

 

面白い解説をしていた。

 

 

大きな気づきとともに、

 

意識が何度も急激なシフトを起こすと、

 

細胞の中の素粒子の振動速度も上昇するため、

 

まるでヒートアップしたモーターのように、

 

身体が焼けつくような状態になるのだという。

 

それで、

 

細胞が〝焼けつき〟を起こした結果、

 

皮膚の水分が失われ、

 

干からびたようになって痒くなるらしい。

 

特に背中が激しいそうだ。

 

なので、とにかく水をたくさん飲んでください、

 

と、その動画ではアドバイスしていた。

 

f:id:shusaku1:20201103191040j:plain

👆 今日は串焼きで夕食。一本130円

  注文してから焼いてくれる

 

 

うーん。

 

年齢のせいで肌が乾燥していると思うより、

 

意識がシフトして、

 

素粒子の回転数が上がっているので、

 

皮膚が熱くなって痒くなっている、

 

と思った方が気分がいいので、

 

後者を採用する。

 

どんなに小さなことでも、

 

気分がいい方を採用することで、

 

自分を〝愛〟で扱ってやれるからだ。

 

 

僕はもう、どんなにささいな事でも、

 

絶対に自分をバッシングしない、と、

 

決心をして日常を送っている。

 

それが、

 

自我に警戒することだと考えている。

 

そうすると、ジガ男の囁きが消え、

 

代わりに兄貴の声が大きくなってくる。

 

まあ、当然と言えば当然だ。

 

兄貴の声は、真実の〝自分〟の声でもあり、

 

自分を責めながらその声を聞くことなど、

 

ぜーったいにできないからだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

しかし、さっき、ある事実が判明した。

 

 

「自分で、自分の背中に、

 

 ベビーオイルを塗ることができない!」

 

 

きいぃーっ!  

 

赦します。アーメン。