香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

怪我の功名

f:id:shusaku1:20211031102136j:plain

 

 

今朝、朝食の卵焼きを作ろうと小鉢に卵を落とし

 

箸でかき混ぜようとした時、手が滑って、

 

その小鉢を床に落としてしまった。

 

陶器の破片が僕の左足の親指の付け根を切り、

 

ぶわっと大量の血が溢れた。

 

見れば、傷口はそんなに大きくないのだが、

 

かなり深くまで切れている。

 

それでもまあ、大したことないだろうと、

 

水で洗い、消毒をした後、絆創膏を張る。

 

じっとしている分には何ともないのだが、

 

歩き出すと傷口が開き、血がぶわっと溢れ出す。

 

とうとう観念して、病院に行くことにした。

 

 

f:id:shusaku1:20211031102127j:plain

f:id:shusaku1:20211031102146j:plain



土曜日の病院は、救急医療のみの対応だった。

 

ホームドクターのケネス・ホー医師もお休みだ。

 

診察の結果、傷口を縫うことになった。

 

 

破傷風の注射をした後、傷口を縫ってもらう。

 

麻酔をかけられているので痛くはないのだが、

 

これも人生の大切なひとコマ、として、

 

今、この瞬間をじっくり味わいながら過ごした。

 

手術後、医師は僕に、

 

3日間の入浴、お酒、外出を禁じた。

 

怪我をした部分がちょうど親指の付け根で、

 

歩くときに曲げなければならない部分なので、

 

歩くたびに傷口が広がり、

 

出血する恐れがあるというのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

家へ帰るのがまた大変だった。

 

サンダルが擦れ、痛くて歩けないのだ。

 

最後は裸足で歩いたが、足の指を曲げて歩くと、

 

出血するので足の外側だけを地面につけ、

 

ガニ股で歩くようにした。

 

 

まあ、ここ数日、おとなしく家にいなさい、

 

ということなのかもしれない。