香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

一寸先は、光

f:id:shusaku1:20211027144535j:plain

 

 

今日は、強制積立金の払い戻し手続きをしに、

 

ワンチャイの民政中心まで行ってきた。

 

強制積立金とは、日本の退職金のようなもので、

 

毎月給与の5%が強制的に積み立てられ、

 

65歳になった時に一括で受け取る仕組みだ。

 

この積立金は、信託会社によって投資運用され

 

運が良ければ、元本を大幅に上回る金額を、

 

65歳になった時に受け取ることができるのだ。

 

しかし、僕は今回日本へ完全帰国してしまうため

 

65歳を待たずに受け取ることが可能となる。

 

 

f:id:shusaku1:20211104071124j:plain

👆 民政中心のカウンター

  最近は移民する香港人が増えて忙しそう

 

僕の場合、日本採用の香港駐在員として、

 

日本で厚生年金に加入していたので、

 

この強制積立金には入っていなかったのだが、

 

先日、香港大学で講師をしていた3年間だけ、

 

この積み立てをしていたことを思い出した。

 

当初は、積み立てと言ってもたった3年だし、

 

それもアルバイト程度にしかやってなかった。

 

手続きも面倒なので、もういいかな、

 

と思っていたのだが、金額を調べてみると、

 

なんと、200万円になっているではないか。

 

香港大学で教えていたのは約20年くらい前で、

 

その間、ずっと投資運用され続けてきたのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20211027144527j:plain



「うわ、200万円あったらこれで税金払えるやん」

 

とうわけで、いそいそと手続きに行ってきた。

 

まず、民政中心という政府機関へ赴き、

 

そこで謎の宣誓をしなければならない。

 

民政委員の前で、

 

「わたしは2度と香港に住むこともなく、

 

香港で働くこともありません」

 

という宣誓文を読まされ、宣誓証明書に

 

サインとチョップを押してもらう必要があるのだ。

 

もちろん、宣誓したからと言って、

 

また香港に住むこともできるし、働くこともできる。

 

 

レセプションで申請書類を渡すと、暫くして、

 

名前が呼ばれた。

 

英語と広東語の宣誓文を読まされたあと、

 

サインとチョップが押された証明書をもらった。

 

その後、投資信託会社であるHSBCへ行き、

 

強制積立金返金申請フォームと、

 

宣誓証明書を提出して終了となった。

 

お金は一か月以内に振り込まれるという。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうやって、僕の香港撤退作業が始まった。

 

これから、ケータイ電話、銀行の住所変更、

 

引越し見積もり、家具や電化製品の処分、

 

など、地道な作業が待っている。

 

 

それでも、今この瞬間からズレずに過ごす。

 

過去と今、今と未来は繋がってはおらず、

 

今この瞬間は独立したひとコマに過ぎない。

 

なので、今自分は、

 

このまま日本へ帰ってしまうと思っているが、

 

5分後に、ええーっ!というようなことが起こり、

 

来月にはニューヨークにいるかもしれない。

 

(眞子さま~)

 

今と一秒後には何の関連もないと解かれば、

 

1時間後に全く違う展開が起きても当然と思える。

 

例えば、

 

今貧乏であっても、明日大金持ちになってる、

 

みたいな…。

 

一秒後も、今と同じである必要なんかない、

 

ということを許可するのは自分だ。

 

 

まさに、一寸先は光、である。