香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

肉体という名の牢獄

f:id:shusaku1:20190129232743j:plain

↑ 工場の窓から見えるこの風景が大好き!

 

肉体を信じてしまったことが全ての間違いの基だった、

 

また、全ての問題は肉体を信奉している心にあった、

 

という爆発的理解が、今、僕の内部で起きている。

 

 

この世界を認識できているのも、

 

罪悪の魅力に惹きつけられているのも、

 

別の肉体についてあれこれ解釈し、攻撃できるのも、

 

楽しさや、快適さや、この世界の幸せを追及できるのも、

 

逆に、罪悪感や、緊張や、恐怖を感じていられるのも、

 

全ては、ここに肉体があり、私とあなたは肉体である、

 

という確固たる〝個〟への信念に基づいている。

 

 

肉体は幻想だ、と頭では理解していても、やっぱり、

 

お金が無くなれば、肉体は存亡の危機に怯えるし、

 

次々と物品を購入して、肉体を快適に保とうとし、

 

住む場所や、仕事や、パートナーを探したりして、

 

とりあえず、肉体の安全を確保しようとする。

 

 

しかし、肉体に力はないのに、僕達は肉体を、

 

自我の牢獄にしてしまっている。

 

その根底にあるのは、やはり、

 

犠牲と分離への信念そのものだった。

 

 

この幻想の肉体ゲームは、

 

誰かが犠牲となることで、誰かが平安を得る。

 

また、自分が犠牲となることで、誰かが幸せを得る。

 

 

だから、世界を認識しない、というのは、

 

肉体を認識しない、ということと同義語であり、

 

自分や兄弟を、肉体から解放する、ということは、

 

神の子を牢獄から解き放ち、

 

兄弟と真の親交をもつことと同じ意味を持つ。

 

f:id:shusaku1:20190129232721j:plain

↑ 中国の豪華客船。まるで移動マンション。 

 

以前、目の前にいる兄弟たちが、どこか魂を持たない、

 

奇妙な生物のように見えていた時期があるが、

 

それもいま思えば、兄弟は肉体の中には存在しない、

 

ということを体感し始めていた瞬間だったのだろう。

 

f:id:shusaku1:20190129232716j:plain

↑ この日のスービックリゾートの気温は25度。

   空気は乾燥していて、爽やかな風が吹いている。

 

肉体から兄弟を解放するには、

 

とにもかくにも内側に向かうことである。

 

距離もなく、すでにここにある真の自己を見つけ、

 

そこに留まるということである。

 

その場所から、肉体ははなから存在せず、

 

故に罪も、分離もなかった、という理解を、

 

内側を通して兄弟に差し出してゆく。

 

そうすることで、自分も牢獄から解放されるのだ。

 

 

また、肉体(自我)の囁きに耳を傾けないことだ。

 

「あの人があんなことを言ってるよ、さあ言い返すんだ。」

 

「これを放っておいたら、大変な事になってしまうよ。」

 

「あれを手に入れたら、君はもっとハッピーになれるよ。」

 

「あそこに行けば真実に出会えるよ。」というふうに、

 

肉体(自我)は、常に何かを〝する〟ことを強制する。

 

なので、自分は何もする必要が無いと思い出すことは、

 

肉体を信じない上で、非常に大切である。

 

ただ、ここで誤解を避けるために言うならば、

 

何もしないとは、食うな、飲むな、したいことをするな、

 

ということではない。

 

自我の囁き通りに対処をするな、ということである。

 

 

そうやって、肉体が解体されてゆくにつれ、

 

静寂の意識(決断の主体)への移行が起こる。

 

そこから、歪められていない純粋なハートを受け容れる。

 

というわけで、今後しばらくは、

 

兄弟を肉体から解放する時期を過ごすことになるだろう。

 

 

もう、怖いくらいにに数日単位で見え方が変わってゆく。

 

大気圏を抜けるまでは、ちょっと根性が必要だが、

 

そこを抜けた後は、自動的に必要な事が次とやってくる。

 

あとは、それに〝イエス〟と言って従うことだけである。

  

f:id:shusaku1:20190129232728j:plain

↑ あまりに快適なフィリピンの昼下がり、

   ひとり、近くの公園を散策する。

 

というわけで、いま、毎度おなじみフィリピンにいる。

 

いま、フィリピンは乾季の真っ最中で、

 

爽やかな風が吹き、とても過ごしやすい。

 

夜も、エアコンを止めて寝ている。

 

そして、今回は、

 

フィリピン兄弟たちの助けを借りながら、

 

僕達は肉体ではない、というレッスンをこなしている。

 

飛行機の中でもほとんど瞑想状態。(別名爆睡ともいう)

 

まあこんな感じで、現役を引退するにあたって、

 

最期のご奉公をしている僕である。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

この世界を越えてゆけ!

f:id:shusaku1:20190119191615j:plain

 

もうすでに、大陸の会社や工場は旧正月の休みに入り、

 

香港も、2月2日から9日間の休みに入る。

 

通常、財務部は、

 

月初の5日間で前月の月次をまとめねばならないため、

 

今回のように、月初に祝日が続くと、

 

月末の31日が戦場と化す。

 

それに月末はフィリピン出張が重なるため、

 

今週は〝根性〟の一週間となりそうだ。

 

 

とまあ、見えている映像を臨場感をもって表現すれば、

 

だいたいこんな感じになるのだが、

 

もうこの世界を越えてゆく、と決めて以降、

 

〝ただそこを通り過ぎるだけの人〟となっている。

 

↓ 一年前の今日、こんなことやってました ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

また、

 

神はこの世界を認識しない、という姿勢を貫くことが、

 

Jのように、正しいハートの声を聞くことであり、

 

ハートの声は沈黙と静寂を通して受け取ることができる。

 

 

どんな夢見も、それは実存しないが故に認識できない。

 

神と神の子だけを実存とする姿勢を妥協なく貫くことで、

 

ハートの声を聞きとってゆく。

 

僕はいま、やっとそのスタートラインに立てた気がする。

 

f:id:shusaku1:20190126124641j:plain

↑ デイヴィッド、フランシスと(2016年11月撮影)
   このとき、痩せよう、と決心する。

 

愛(真の自己)は悦び(ハート)を通して平安(神)を得る。

 

愛と悦びと平安は、同じひとつのもの(神)であった。

 

これ以外を認識する必要はない。

 

 

ちょっと前まで、コースは心の中の赦しだけを扱うのに、

 

フランシスはどうして、家庭も、事業も、全財産も、

 

手放す必要があったのだろうと疑問に思っていたが、

 

なんのことはない、そうすることが必要だったのではなく、

 

本当に要らなかったから手放したのだ、と今なら解かる。

 

彼女にとってみれば、この世の幸せなど、

 

何の意味も為さないことだったのだ。

 

f:id:shusaku1:20190126123056j:plain

↑ お昼はヤムチャへ行き、みんなで鳩を食す 

 

そんな中、

 

東京から、(元)コンババ部長が出張してきたので、

 

夜、みんなでご飯を食べに行った。

 

そこで、誰々さんがどーしたこーした的な話題になり、

 

普段、そんなことはないのに、この日はなぜか、

 

強く他者を批判し、攻撃したい想いが沸々と湧いてきた。

 

 

だが、

 

想いが湧いてこようがどうしようがどうでもいい。

 

沸々と湧いてくる想いすら実存ではないと智っている。

 

実存でないものは真の自分に所属するものではない。

 

 

真の自己へと戻り、ハートと直に向き合う。

 

夢の世界の自分や他者が何をやっていたとしても、

 

真の自己は決して脅かされない。

 

沈黙の中で、そこだけに留まる。

 

 

真の自己(ハート)から見ると、

 

どの兄弟も無実でありキリストである。

 

兄弟全ての内に自分と同じ神の聖性が宿っている。

 

なので、もうどの兄弟をも、罪の牢獄には閉じ込めない。

 

そう決心すると、人を批判したいという気持ちも、

 

自分や兄弟たちを牢獄から解放するためのものとなり、

 

愛そのものだったことが解かる。

 

f:id:shusaku1:20190126123040j:plain

↑ 夜は台湾しゃぶしゃぶ 

 

ここのところ、ハートと向き合う毎日が続いている。

 

これからは、現実の出来事や兄弟を通してではなく、

 

直にハートと向き合ってゆくこととなる。

 

 

それでも、静寂と沈黙の中でハートの声を聞くには、

 

まだまだヨチヨチ歩きのボクではあるが、

 

そうやって、少しずつ天国に慣れてゆく。

 

父が待つ故郷へ戻る準備はすでに始まっており、

 

時間はまさに、そのためだけに使われることになる。

自衛隊員か、それともマグロを捕る人か

 

f:id:shusaku1:20190115130701j:plain

 

〝ケネス・ワプニック博士は、こう言います。

 

 あなたが、

 

 「この世界はなんて素晴らしい世界なのだろう!」

 

   と思っているとしたなら、それは、

 

  「神のいない世界はなんて素晴らしい世界なのだろう」

 

   と言っているのであり、

 

   その自分は狂っているのだと自覚しなさい、と。〟

 

(※もりGさんのブログ『Joy&Happines』より引用)

 

↓ 引用させていただいたもりGさんの記事はこちら ↓

morig2016.blog.fc2.com

 

ということは、逆に言えば、

 

今、苦しみの真っ只中に在って、

 

「この世界はなんて狂っているのだろう!」

 

と思っているとしたら、それは、

 

「神のいない世界はなんて狂っているのだろう。」

 

と、正気への入り口に立っている、ということになる。

 

f:id:shusaku1:20190115130719j:plain

 

二年ほど前まで(←訂正、半年ほど前まで)、

 

もし、今回の帰還に失敗して、次の来世があるとしたら、

 

なにがなんでも専業主婦に生まれ変わる、と決めていた。

 

それで、旦那は、盆と正月にしか帰ってこない、

 

マグロを捕る遠洋漁業の人か、 もしくは、

 

パレスチナへ長期派遣された自衛隊員の人で、

 

次の帰任は三年後、下手をすれば帰ってきません、

 

みたいなのがいいと…。

 

(※地方公務員の夫なんて絶対に論外。

 

       毎日定時で帰ってくるし、土日も家にいる。)

 

 

そうして、観葉植物に囲まれた静かなリビングのソファで、

 

ダージリンを飲みながら、奇跡講座のページを繰りつつ、

 

床を這う一匹の蟻を赦す毎日を送るのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

当時、鼻をほじりながらこんなことをほざいていると、

 

「ふざけんな。

 

 専業主婦がどれだけ大変か分かってんのかっ!」

 

と、乙女ののりちゃんに叱られた。

 

まあ、今だったら、それでは天国へは戻れない、

 

と理解できる。(←遅っ!)

 

 

もりGさんもブログで書いているが、要するに、

 

この世界の幸せで妥協するのをやめなさい、

 

この世界を越えて行きなさい、ということなのだ。

 

 

ああ、やはり、地獄経由、かあ。

 

それも、地獄と思っていたのは、本当は天国だった、

 

というオチつきで…。

 

f:id:shusaku1:20190119191624j:plain

 

そんなわけで、もう、

 

この世界で幸せにならなくてもいい、と思っている。

 

それは、この世界では絶対に幸せにはなれない、

 

ということが腑に落ちて解かっているからだ。

 

妥協なく、確固として、この世界を超えてゆく。

 

いま、まさに僕は、そのギリギリのラインに立っている。

 

しかし、まだ、ほんの少しだけためらいが残っている。

 

それでも、ラインの外へ足を踏み出すのは時間の問題だ。

 

父と天国とハートしか求めないと決断するのだ。

 

神や聖霊を幻想の中へ持ち込むこともしない。

 

ニセモノはもう必要ない。

 

夢の日常生活も含め、中途半端を止めるのだ。

 

 

ワプニック氏の言葉が、僕の背中をガンガン後押しする。

 

もう一回、誰かに人差し指で背中をちょん、とやられたら

 

あぁ~れぇ~、と、完全に神側へ逝ってしまうと思う。

 

 

というわけで、もりG兄弟、このお役目、任せました!