香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

お喋りおっさん

f:id:shusaku1:20201112231026j:plain

 

今日は、月に一度の部門長会議だった。

 

全部門長が発表するので4時間くらいかかる。

 

僕は香港からZOOMで参加するのだが、

 

自分の顔がずっとカメラに映っているので、

 

気を張っていて、案外疲れる。

 

そこで、一日の疲れをほぐそうと、仕事帰りに、

 

マッサージへ行くことにしたのだった。

 

 

軽くシャワーを浴び、

 

店のウェアを着て個室で待っていると、

 

マッサージ師がやってきた。

 

急に予約を入れたので、

 

いつものマッサージ師が手配できず、

 

初めての人にやってもらった。

 

 

だが、マッサージが始まって間もなく、

 

隣の個室からおっさんの喋り声が聞こえてきた。

 

施術師相手に、大声で株の話なんかしている。

 

僕はと言えば、おっさんの話し声に邪魔をされ、

 

ボディに感じる気持ちよさに集中できない。

 

とうとう我慢できず、隣の話し声がうるさいので、

 

部屋を変えてくれ、とマッサージ師に伝えた。

 

しかし、あと5分で隣の客は施術を終えるから、

 

と耳打ちされた。

 

 

しばらくすると、マッサージ師が言った通り、

 

隣のオッサンは出て行き、辺りは静かになった。

 

が、さっきのイライラが尾を引き、

 

貴重なマッサージの時間を10分も損した、とか、

 

部屋を変えてくれなかったこの施術師には

 

絶対にチップを払ってやらない、といった思いで

 

頭の中がぐるぐるし、なかなか、

 

今、この瞬間の気持ちよさに戻ることができない。

 

f:id:shusaku1:20201115011227j:plain

 

隣のおっさんはもう、ここにはいないのに、

 

僕は、彼がまだここにいる、と思ってイライラし、

 

そうすることで、

 

今この瞬間にマッサージ師が与えてくれている

 

心地よさ(平安)を〝無いもの〟としていた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

それはもう終わっていて、すでに無いのに、

 

まだあると思って苦しんでいる。

 

これって、マッサージだけではなく、

 

この世界で起こる全てに言えることだ、と思った。

 

過去(罪)が今もあると信じ込み、

 

今ここに在る神(愛/平安)を無視しているのだ。

 

 

また、

 

隣のお喋りおっさんを愛で観よう、とか、

 

この怒りを聖霊に差し出し…、とか、

 

その瞬間に赦すなんて無理なので、

 

「なんだこのオッサン、めっちゃイラつくぅーっ!」

 

と、ただ〝キライなまま好き〟でいる。

 

このオッサンも、この想いも、消えてゆく姿として

 

ただ、消えるに任せておくのだ。

 

 

そうやって、すぐに気持ちを転換させ、

 

マッサージの心地よさに集中した。

 

ちゃんとチップもあげましたよ。

 

とまあそんな感じで、

 

今回も自動ヴィパッサナーで、

 

たくさん細胞にたまった記憶のカスを、

 

ダンマ(兄貴)に持っていってもらったのであった。

 

  

前から行くか、後ろへ回るか…

f:id:shusaku1:20201112231015j:plain

👆 上海ガニの季節到来!

 

 

日常の現実生活の中で愛や平安を感じるのは、

 

とても大切なことだと感じている。

 

というのも、 

 

愛か恐れか、平安か正義か、

 

奇跡講座の赦しの実践とは、結局、

 

この二つのうちのどちらを選択しているかを

 

日々の日常生活の中で、ひとつひとつ、

 

丁寧に見ていくことなんだな、と思うからだ。

 

これはまた、

 

兄貴を選んでいるか、自我を選んでいるか

 

の問題にも直結する。

 

 

例えば、

 

この職を失ったら食べていけない、

 

だから、何を言われても我慢しなければ、

 

という恐怖から仕事をやっているのと、

 

この職があるから自分は安心して

 

毎日を過ごせるんだな、有難いな、

 

という感謝からやっているのとでは、

 

意識の方向が全くちがう。

 

 

また、

 

うちの夫は家のことを何もしないし、

 

子供たちのこともちゃんと考えてくれない、

 

それに昨日言われたあの一言も許せない、

 

と、不満からパートナーに接するのと、

 

いや、昼間あくせく身を粉にして働いて、

 

お給料を全部入れてくれている、

 

他にどんな問題があったにせよ、

 

ただもうこれだけで愛じゃん、と捉えるのとでは、

 

意識においては雲泥の差となる。

 

 

そして、いま、自分は、

 

愛で、このことを観ているのか、それとも、

 

恐れからやっているのか、また、

 

自分は、平安を求めているのか、

 

それとも、

 

正しさを主張しているだけなのかという選択は、

 

こういった日常を通して選択していく。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

どうしてそれが顕れてきているのかを見ずに、

 

いきなりど真ん中で相手を愛で観ようとしたり、

 

罪悪感を直視しようとしたりしても、

 

無理だと思うのだ。

 

要するに、前側対前側(肉体対肉体)で見れば、

 

それは自我を投影したものとなって、

 

永遠に続く自我の無限地獄のように感じられ、

 

背後の無限の全体から回り込んで見れば、

 

それは神(愛)を反映したものとして捉えられる。 

 

f:id:shusaku1:20201112231004j:plain

 

自分が見ている現実のスクリーンには、

 

自分の心の中が丸ごと映し出されているので、

 

自分が心の中に何を隠蔽しているかは、

 

外で起きていることを見れば一目瞭然なのだ。

 

だから先ずは、

 

現実に起こっている事に対して、

 

自分がどんな反応をしているかをよく観察し、

 

そこから

 

〝自分なり〟(👈ここ強調!)の愛や平安、

 

神の感じをを選択してゆけばいいのだと思う。

鬼滅な日曜日

f:id:shusaku1:20201115011139j:plain


今日、トレーナーとの筋トレセッションの帰りに、

 

映画 『鬼滅の刃 無限列車編』 を観て来た。

 

吹き替えなしの日本語で上映され、

 

代わりに、広東語の字幕が付いていた。

 

しかし、

 

日本での人気とは裏腹に観客はまばらだった。

 

僕はと言えば、最近お伝えしているように、

 

愛に敏感になっている意識状態で観たからだろうか

 

もう始まった直後から、目頭がうるうるしていた。

 

f:id:shusaku1:20201115011127j:plain

 

この映画、

 

幸せな夢、意識の核、鬼(自我)、無限の場所、

 

と、コース兄弟を惹きつけるワードが満載で

 

実際この映画は、自我と意識、そして、

 

人間が見る夢のカラクリを描いた物語である。

 

 

鬼(自我)は、僕達に夢を見続けさせることで、

 

エネルギーを得て生きながらえている。

 

そのため、

 

僕たちを絶対に目醒めさせてはならないのだ。

 

ただ、夜が明け、太陽の光に照らされた瞬間、

 

さっきまであんなに強くて、絶対に死なず、

 

人間をさんざん痛めつけていた鬼(自我)が、

 

コソ泥のように逃げていくのには笑ってしまった。

 

 

それから、夢から脱出するには、

 

今見ている夢がどんなに幸せなものであっても、

 

夢を見ていることに気づいて、これはウソだ、と、

 

看破して、そこから去ってゆくことが大切である、

 

と物語は伝えていた。

 

f:id:shusaku1:20201115011216j:plain

 

最初は、色んなキャラの鬼と人間が出て来て、

 

どんどんぱちぱちやる物語かな、と思いながら、

 

アニオタの香港人の友人に誘われるまま、

 

見に行ったのだが、意識の事が語られていて、

 

最後はやはり、号泣してしまった。

 

 

多分、この映画がこんなにもヒットしているのは、

 

決して表面のストーリ的なものだけではなく、

 

きっと、人々の無意識を揺さぶる何かがある

 

のだと思う。

 

一緒に見に行った香港人アニオタの友人は、

 

感動のあまり、もう一回観る、と言いだした。

 

今から見る、と言うのでさすがに止めたが、

 

名ぜりふがたくさん出て来たので、

 

ぜひ僕も日を改め、

 

もう一度観に行きたいと思っている。

 

 

あ、そうそう。

 

もうひとつ、心に残ったシーンがあって、

 

それは呼吸についてのシーンだ。

 

呼吸のリズムを整え、それに集中することで、

 

破損した血管を修復するのだが、

 

僕も最近、背後の無限の全体に戻る際に、

 

呼吸ってすごく大事だと感じ始めていたので、

 

ああ、やっぱり、と思いながら観ていた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com blog.hoshitani-shusaku.com

 

『鬼滅の刃』は原作が漫画本で、

 

テレビアニメにもなっている。

 

登場人物も、本来はもっと多いらしいが、

 

映画に出てきたのは、

 

主要キャラの5人だけだったことが、

 

逆にすごくシンプルにメッセージが伝わり、

 

却ってよかったように思う。

 

だから僕は、

 

この映画だけでお腹いっぱいかな?

 

というわけで、

 

とっても優しい愛を味わった日曜日であった。