香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

お喋りおっさん

f:id:shusaku1:20201112231026j:plain

 

今日は、月に一度の部門長会議だった。

 

全部門長が発表するので4時間くらいかかる。

 

僕は香港からZOOMで参加するのだが、

 

自分の顔がずっとカメラに映っているので、

 

気を張っていて、案外疲れる。

 

そこで、一日の疲れをほぐそうと、仕事帰りに、

 

マッサージへ行くことにしたのだった。

 

 

軽くシャワーを浴び、

 

店のウェアを着て個室で待っていると、

 

マッサージ師がやってきた。

 

急に予約を入れたので、

 

いつものマッサージ師が手配できず、

 

初めての人にやってもらった。

 

 

だが、マッサージが始まって間もなく、

 

隣の個室からおっさんの喋り声が聞こえてきた。

 

施術師相手に、大声で株の話なんかしている。

 

僕はと言えば、おっさんの話し声に邪魔をされ、

 

ボディに感じる気持ちよさに集中できない。

 

とうとう我慢できず、隣の話し声がうるさいので、

 

部屋を変えてくれ、とマッサージ師に伝えた。

 

しかし、あと5分で隣の客は施術を終えるから、

 

と耳打ちされた。

 

 

しばらくすると、マッサージ師が言った通り、

 

隣のオッサンは出て行き、辺りは静かになった。

 

が、さっきのイライラが尾を引き、

 

貴重なマッサージの時間を10分も損した、とか、

 

部屋を変えてくれなかったこの施術師には

 

絶対にチップを払ってやらない、といった思いで

 

頭の中がぐるぐるし、なかなか、

 

今、この瞬間の気持ちよさに戻ることができない。

 

f:id:shusaku1:20201115011227j:plain

 

隣のおっさんはもう、ここにはいないのに、

 

僕は、彼がまだここにいる、と思ってイライラし、

 

そうすることで、

 

今この瞬間にマッサージ師が与えてくれている

 

心地よさ(平安)を〝無いもの〟としていた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

それはもう終わっていて、すでに無いのに、

 

まだあると思って苦しんでいる。

 

これって、マッサージだけではなく、

 

この世界で起こる全てに言えることだ、と思った。

 

過去(罪)が今もあると信じ込み、

 

今ここに在る神(愛/平安)を無視しているのだ。

 

 

また、

 

隣のお喋りおっさんを愛で観よう、とか、

 

この怒りを聖霊に差し出し…、とか、

 

その瞬間に赦すなんて無理なので、

 

「なんだこのオッサン、めっちゃイラつくぅーっ!」

 

と、ただ〝キライなまま好き〟でいる。

 

このオッサンも、この想いも、消えてゆく姿として

 

ただ、消えるに任せておくのだ。

 

 

そうやって、すぐに気持ちを転換させ、

 

マッサージの心地よさに集中した。

 

ちゃんとチップもあげましたよ。

 

とまあそんな感じで、

 

今回も自動ヴィパッサナーで、

 

たくさん細胞にたまった記憶のカスを、

 

ダンマ(兄貴)に持っていってもらったのであった。