香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛が拗ねている

f:id:shusaku1:20210212012918j:plain

👆 ジムが閉鎖されているので、

  多くの人が屋外施設で体を鍛えている

 

 

スピをやっている人、特にコース兄弟の中には、

 

自分が何かに腹を立てたり、言い返したり、

 

誰かを批判したりすることに対して、

 

大きな罪悪感を抱いてしまう人がいる。

 

そういう〝負〟と言われる感情が出てきた途端、

 

瞬時に〝ダメッ〟と抑え込んでしまう。

 

そして、その抑え込んだ感情を、

 

〝間違っている〟〝幻想である〟として、

 

聖霊に捧げて赦そうとするが、気分は晴れず、

 

逆に、そんなことを思った自分を責めたりする。

 

 

f:id:shusaku1:20210206234715j:plain

 

 

僕も、

 

コンババ部長と〝すったもんだ〟していた頃は、

 

いつも心の中で葛藤を起こしていたが、

 

その罪悪感を直視すればするほど、

 

恐怖と不安感で胸がバクバクした。

 

後に、背後でいつも優しく寄り添ってくれている

 

神や兄貴に気づき、愛で満たされ、

 

自分がこの夢の世界で何をしでかしたとしても、

 

無条件で愛されているという〝自信〟を

 

取り戻してからは、世界が一変してしまった。

 

 

まず、怒りや批判や不安そのままでも神だ、

 

と理解できるようになった。

 

なんていうか、ケンカしていても愛し合っている、

 

思い切り噂話や批判をしまくっていても有り難い、

 

バカ野郎ーっ、と罵りながらも大好き、みたいに、

 

ケンカすることと愛し合うことが同じ、というか、

 

批判することと褒めることに差がない、というか、

 

馬鹿野郎と愛しているの間に矛盾を感じない、

 

というか、どちらも神の愛として見えてくる。

 

 

せっかく、

 

神が〝どやっ!〟と顔を出してきたところを、

 

〝それはダメっ!〟と、蝿タタキでバシンッ、

 

とやるように、負の感情を叩き潰していた。

 

しかし、本当は神の想いを叩き潰している。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

それは、本来愛であるものを、

 

エゴで歪めてしまっているんですよ、とか、

 

自分が地獄にいることをまず認めて、

 

といった、なんちゃらかんちゃらはもう、

 

一旦横に置いて、先ずは、

 

どんな自分もそのまま愛として受け入れる。

 

それが、今、ここに在る神に抵抗しない、

 

ということの意味である

 

 

そうやって、あらゆるものを神として、

 

そのままの自分を受け容れてゆくと、

 

不思議なことに、自我男だと思っていたものが

 

ぱかっぱかっと、聖霊に反転を起こしてゆく。

 

 

結局自我男も、拗ねた愛の裏返しに過ぎない。

 

 

 

立春いろいろ

f:id:shusaku1:20210210120843j:plain

 

 

今日から仕事始めである。

 

久々に家の外へ出た。

 

春節明けの一日目の出勤日に、上司は部下に、

 

赤い袋に入れたお年玉を渡すのが恒例行事で、

 

今年も袋にHK$500(約7500円)を入れ、

 

エドワードに渡そうと持って行ったのだが、

 

全然彼が出社してこない。

 

しばらくして、

 

彼が住むマンションからコロナ感染者が出たため

 

そのマンション一棟が、まるごと封鎖された、

 

という知らせが入った。

 

それで、彼も強制PCR検査を受けさせられ、

 

さっき陰性が確認された、ということだった。

 

ふぅー、もし彼が陽性だったら、

 

俺も絶対アウトだったよ。

 

明後日からようやくジムが解禁だというのに、

 

もう、カンベンしてくれよ…。

 

 

f:id:shusaku1:20210215211210j:plain

 

 

それから、日本へ帰任することが決まっていた

 

もう一人の日本人の同僚だが、

 

先週辞表を提出し、3月で退職することになった。

 

そう、あのコーヒーカップ事件の彼だ。

 

最初は、娘さんの日本の高校進学に伴う帰任だ、

 

ということだったが、これを機に仕事を辞め、

 

しばらく日本でゆっくり過ごしながら、

 

別の生き方を模索してみることにしたという。

 

    

    f:id:shusaku1:20210215211226j:plain



 

この件については、

 

前から相談され、色々話はしていたが、

 

彼は典型的な保守的サラリーマンだったので、

 

このご時世、高校生と小学生の子供を抱え、

 

まさか会社を辞めるとは思ってもみなかった。

 

しかし、彼から「もう、疲れました」と、

 

ぽつりと言われた時にはすごく納得できた。

 

 

ひょっとして、

 

僕が、本質の神のフォトンを飛ばし過ぎた?

 

それが彼にも影響を及ぼしたのだろうか?

 

いやいや、

 

彼は自分の内なる声に正直に耳を傾け、

 

彼にとっての真実の場所へ向かうのだ、と、

 

力強く〝自分で〟決めたのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうやって、

 

自由に人生の選択をしてゆく兄弟を見ていると、

 

僕まですごくワクワクしてくる。

 

そうなのだ。

 

自分はすでに、完璧に神から愛され、赦され、

 

全肯定されている存在なのだ。

 

だから、決して、こうである必要などなく、

 

何も恐れることなどない。 

 

本当の強さ

f:id:shusaku1:20210215000131j:plain

 

 

もう、4日間、家から一歩も出ていない。

 

コロナだから、ではなく、自主お籠りである。

 

その間、

 

山菜栗ごはんを作ったり(ご飯は自分で炊いた)

 

おでんを作ったり(レトルトだが、自分で温めた)

 

から揚げを作ったり(冷凍だが、自分でチンした)

 

と、部屋で〝超ロマン〟な時間を満喫している。

 

 

f:id:shusaku1:20210215000216j:plain

 

 

で、あとの時間は全て、創作に捧げている。

 

三作同時進行で書いているのだが、

 

プロットや文体のトーンもいい感じに定着し、

 

幸い、登場人物のキャラ立ちもうまくいったため、

 

順調に物語が進行し、書いていてとても楽しい。

 

 

こんな感じで今後は、

 

自分が本当に望んでいることを、どんどん、

 

自分にやらせてやるのだ、と決めている。

 

自分の中に、真の愛と力が戻ってきた今、

 

いったい自分は、今まで何を恐れていたのか、

 

なんであんなに、自分をないがしろにし、

 

痛めつけることができたのか、と、

 

本当に不思議に思う。

 

 

f:id:shusaku1:20210215000227j:plain

 

 

そうやって、自分を本気で慈しんだとき、

 

攻撃されている、とこれまで思っていた人も、

 

本当は自分が先に〝怒りの挑戦状〟を

 

送りつけていたということにも気づいた。

 

 

それで、今日はWOWWOWシネマで、

 

『ホリデイ』というハリウッド映画を観た。

 

ロスとイギリスに住む二人の女性が、、

 

クリスマス休暇の間だけ互いの家を交換し合い、

 

そこでそれぞれの新たな出会いが…、という、

 

ベタな恋愛物語なのだが、僕の大好きな女優、

 

ケイト・ウィンスレットが出ていたので観た。

 

 

三年も付き合った挙句、彼氏は別の女と婚約し、

 

その後も、仕事や私生活で利用されまくっている

 

都合のいい女役を演じるケイトが、

 

最後に男に言い放った言葉が痛快だった。

 

 

「黙れ!ジャスパー!私を甘く見ないで!

 

 あなたは私の心を傷つけ、

 

 傷ついたのは私のせいだと思い込ませた。

 

 あなたに夢中だったから、

 

 私はずっと自分を責め続けてたのよ。

 

 なのに、厚かましくクリスマスに押しかけ、

 

 結婚直前の男が、私を失いたくないですって!

 

 今こそ言ってやる。終わりよっ!

 

 こんな不毛で歪んだ関係はバッサリ断ち切る。

 

 クソな関係は終わりなのよ。

 

 新しい人生を始めるの。あなたヌキでね。

 

 さっさと消えて、今すぐよ。

 

 私の中から湧き上がってくる、パワーがね」

 

 

これまでいいように利用されてきた彼女が、

 

本当の自分の価値と力に目醒めた瞬間、

 

もう終わりだ、と力強く相手に言い放った。

 

僕にはこれが、エゴへの宣言のように思え、

 

痛快さが込み上げて来た。

 

 

f:id:shusaku1:20210215000144j:plain

 

 

攻撃してくる相手を愛として見ようとしたり、

 

恐怖の対象と対峙し、真に手放そうとするとき、

 

まず、最初の最初に、何よりも必要なのは、

 

優しさや、愛や、感謝、なんかではなく、

 

自分に対する圧倒的な〝力強さ〟だ。

 

自分の内側に、何にも揺るがない、

 

芯のような強さを持つことである。

 

それが神の子のプライドであり、

 

優しさや、愛や、赦すことなどは全て、

 

この力強いプライドの上に成り立っている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com