香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

秋にむけて


↑そしてだれもいなくなった。

大いなる赦しの日を終え、なんだか燃え尽き症候群な今日この頃。

仕事中も、なんだか宙に浮いたような感じで、ふわふわしながら過ごしている。

これから新たな工場を立ち上げていくのだが、どこか現実味が感じられない。


また、それと同時進行で、新作の小説本が台湾で出版されることになり、

その推敲準備もはじまる。

僕の場合、一度日本語で執筆した小説を中国語へ翻訳し、それを編集者が改稿するので、

すごく手間ヒマがかかる。

特に、僕の書く中国語は大陸っぽいため、台湾の読者には受け入れられない。

なので、どうしても改稿が必要になるのだ。

そんな感じで、今年の秋は工場立ち上げと創作の秋になりそうだが、

またあの編集者のキョーレツダメ出しパンチが炸裂するのかと思うと、

ほんま、涙がちょちょ切れますわ。


じゃあ、仕事を全部やめて創作に専念すればいい小説が書けるか、というとそうでもなく、

いま書いている『ジンジャー・タウン』の筆が一番進んだのが、忙しさのピークだった、

新工場視察の時期だったりすからよくわからない。

まあ、これからはちょっと執筆がんばろう、と思っている。


そして今日は土曜日、ということで、毎度おなじみ、早朝ジムへ行ってきた。

いままで怠けに怠けきっていたジムトレだったが、

乙女ののりちゃんから、赦しを実践するには、肉体のケアもそこそこには大事よ、

と言われたので、それもそうかなと思い、やめようと思っていた筋トレを再開した。

そんなに回数は行けないので、短時間高重量トレ、でメニューを組む。

台の上に寝て、80キロくらいのダンベルをわさわさ上下させるトレを続けた結果、

胸筋が大きく張り出してきた。

シャツが胸のところだけ張り裂けそうになり、ちょっと恥ずかしい。

このまま行くと、乙女ののりちゃんくらいになってしまうかも…。キャーッ!

(おい、それ、ちゃうやろ!)

ご存じのとおり、本当にここ数カ月は忙しかったので、

9月20日から10月7日まで遅ればせの夏休みを取ることにした。

会社の福利厚生で年に2回、会社経費で一時帰国ができるので、それを利用しての帰国だ。

温泉とか、いきたいなあ。

でも、たぶん兄弟てっちゃんと合宿を兼ねた、スーパー銭湯になったりするんだろうなあ。

ひゃほーい!