香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛も恐れも…

f:id:shusaku1:20210111231716j:plain

👆 昼間のスタバは在宅勤務の人たちで満員

  やっぱり、家で仕事はしたくないよね!

 

 

今日も寒い。とうとう朝の気温は6度を下回った。

 

それでも今日は在宅勤務だったので、

 

書斎の扉を閉め、暖房ガンガンで仕事をした。

 

午後から、海外傷害保険と税務申告の件で、

 

保険会社と会計事務所を連続で訪問した。

 

2社とも僕のアパートから徒歩10分で行ける。

 

昼は気温も14度まで上がり、日差しもあった。

 

 

保険会社で話を聞けば、香港にある日系企業も

 

政治不安などから撤退が続いているのだという。

 

特にうちのような、

 

スタッフが数人しかいない、小さな現地法人が、

 

撤退を余儀なくされているらしい。

 

うちの事務所も、もう一人の日本人が、

 

娘さんの進学の都合で三月に帰任するため、

 

今後は僕とエドワードの二人体制となる。

 

以前、コロナ禍が終われば、

 

僕も新たな未来へ旅立って行く予定だ、

 

と書いたのだが、

 

香港の国境や空港はいまだ閉鎖されたままで、

 

寸止めを食らっている状態である。

 

それでも、今のモラトリアム(一時猶予)期間を、

 

大いに楽しみ、味わっていこう、と思っている。

 

f:id:shusaku1:20210111231705j:plain

 

以前の記事で、同僚、友人、道行く全ての人々が

 

僕を全力で助けようとしてくれているように見える

 

と書いたが、そうした彼らへの感謝と愛の念は、

 

日に日に増すばかりである。

 

 

こんなにも〝愛してる〟が溢れているのはきっと

 

自分の内側に優しさや愛が溢れているからだろう。

 

自分が自分の事をどう思っているかが、

 

他者が自分に対してどう振舞うかを決定するので

 

自分の本質を「ダメだ、罪だ、幻想だ、関係ない」

 

と攻撃していると、決まって他者に扮した自分が

 

バシバシ自分を攻撃してくる。

 

そこから不安感や怒りが生まれ、

 

心の中でループする。

 

 

ノー!ノー!ノー!

 

攻撃してしまったなら、それはそれでオーケー!

 

「私、あの人だーいキライっ」ならそれでいい。

 

あいつ、殺す、と思ったならそれでも大丈夫。

 

立ち止まって、選びなおし、

 

それは幻想でなんちゃら、なんて要らないっ!

 

たとえ、心の中で何を思ったとしても、

 

それもやはり愛だ。

 

愛か恐れか、を選択することなど不可能で、

 

なぜなら、愛も恐れも、同じ一つの愛であり、

 

問題は、恐れが出てきた途端、

 

「私は愛(神・天国)を選択します!」と、

 

ハエ叩きでパシパシやっている点にある。

 

自分はそのままで完璧な愛の存在であり、

 

そのままで、受け入れられ赦されている。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

自我まみれの自分に問題がある、

 

と思っている自分に問題がある。

 

 

怒り狂おうが、ダダをこねようが、攻撃しようが、

 

それもまた、愛のひとつの側面である。

 

 

そして、これはすごく皮肉なことなのだが、

 

そのことに気づいて、

 

そのままの自分にオーケーを出せた瞬間、

 

言いようのない愛と感謝が戻ってきて、

 

愛を求めていた自我が、愛そのものへ変わる。