香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛のちから

f:id:shusaku1:20200106004749j:plain

⇑よく香港の商店に飾られている服だが、いまだかつて

  この格好をして歩いている子供を見たことがない

 

昨夜は睡魔と闘いながら書いたせいか、

 

昨日アップした記事の文章があまりにひどかったため、

 

加筆訂正をした。皆様、再読いただけると幸いです。

 

 

というわけで、今日は土曜日、朝から銀行へ行ってきた。

 

出張精算でもらった現金を入金するだけなのだが、

 

前回のデモで、香港上海銀行のATMが焼かれて以降、

 

(※本当はデモ隊に扮した警察がやっていた)

 

防犯強化のための内装工事を行なうということで、

 

現在、銀行に併殺されている全てのATMエリアが

 

封鎖されているので、ATMを使うことができず、

 

現金を預けたり、小切手を入れるのに、

 

いちいち銀行のカウンターに並ばなくてはならない。

 

f:id:shusaku1:20200108013828j:plain

⇑ フィリピンにも秋があり、ススキが穂を揺らす

 

現金を入金したついでに、

 

10日にカードの金額が引き落とされたはずなので、

 

カウンターで引落し後の口座残高を調べてもらったら、

 

3万円ほどしかないことが判明。ぎえっ、あっぶねー。

 

急いで円口座から香港ドル口座へ資金移動させた。

 

まあ、今回入金した現金と、来週にはフィリピン出張の

 

精算分が入ってくるので、急場はしのげるだろう。

 

 

というのも、

 

僕の給料は全て日本の銀行口座に振り込まれるので、

 

毎回、一時帰国のたびに現金を持ち帰っているのだが、

 

今回、香港の渋谷、コーズウェイベイに引っ越してから、

 

チト、無駄遣いが過ぎたようだ。

 

 

なので、一時帰国までの間、ケチケチ生活で行く。

 

今日も、牛肉には目もくれず、200円の豚肉を買った。

 

CITY SUPER(香港版成城石井)にも近寄らないぞ!

 

財布のヒモをギュギュっと引き締めるのだ!

 

 

f:id:shusaku1:20200108013908j:plain

⇑ ごった返すクラーク空港 。普段はガラガラ。

 

自分がいない、思考だけでやっていた、ということが、

 

ばばんーっ、と入って以来、すごく楽になった。

 

 

銀行へ行くと、残高少なく、ぎょえっとなり、みたいな、

 

そんな思考のシュワシュワが立ち上がっては消えてゆく。

 

しかし、それを考えている自分はどこにもいない。

 

別の肉体が何かシュワシュワ言い、

 

こちらがそれにシュワシュワ反応する。

 

泡ぶく同士の会話が、主体もなく起きているだけである。

 

 

思考の泡ぶくは消えるに任せ、

 

実存である神の想いが全体だったことを思い出す。

 

その全体の中に真の自己(霊/スピリッツ)が在る。

 

言葉では本当にうまく表現できないのだけれど、

 

実存が復帰してくると、泡ぶくも神の愛の反映となる。

 

 

もう、いまここに在る、神に抵抗しない。

 

僕達は、テレビや誰々さんに気づいているのではなく、

 

本当は神に気づいている。

 

これまで神の〝愛してるよーっ〟を完全無視してきたが、

  

シュワシュワだけでやってきたことが明らかになると、

 

神に戻らざるを得ない。

 

f:id:shusaku1:20200111000950j:plain

 

神社仏閣の神様や仏様ならまだギリ受けいれられても、

 

本質、実存としての〝神〟を語りだすと、途端に人々は

 

胡散臭そうに顔をしかめ、スルーしようとする。

 

それは、スピや非二元の世界でも全く同様である。

 

それでも、神を語らずには説明がつかないので、

 

苦肉の策として〝これ〟とか〝それ〟と言ったりする。

 

 

しかし、非二元でよく使われる、

 

〝これ〟とか〝これだけ〟といった表現には、

 

ひとつだけ欠落した部分がある。

 

それは〝神の愛〟だ。

 

愛そのもので作られたのが自分なのに、

 

どうして、神という言葉を避けようとするのか、

 

問題はそこにある。

 

 

神という言葉には、愛を思い出させる力があるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

シュワシュワ

f:id:shusaku1:20200111000958j:plain

 

今日は朝三時半に起き、社用車で空港へ向かった。

 

金曜の香港便は、

 

朝6時半の便を逃すと、次は夕方にしかないため、

 

どうしても、早朝に起きることになる。

 

おまけに空港内は、クリスマス休暇を終えて香港へ戻る

 

フィリピン人のアマさん達でごった返していた。

 

チェックイン→イミグレ→荷物検査→搭乗、と、

 

いくつもの長蛇の列に並び、ようやく機内の席に座るや、

 

生も根も尽き果てた僕は、即行爆睡モードに入った。

 

f:id:shusaku1:20200111001008j:plain

 

もう、あまりに眠くて、神もクソもない。

 

上げ潮のように上がってくる睡魔に包まれる。

 

それでも機内の喧騒で、完全熟睡には至れない。

 

そんな半眠半醒状態の中、あるイメージが去来した。

 

 

サイダーの瓶の底から湧き立つ泡のように、

 

思考だけがシュワシュワと立ち上がっては消えてゆく。

 

思考だけがあり、物質も自分も感情も他者もない。

 

 

どういうことかと言うと、 

 

あと数分で、この飛行機は離陸するかも、という思考、

 

会社に着いたら税務申告書を送付せねば、という思考、

 

留学時代に北朝鮮のピョンヤンへ行った、という思考、

 

ハノイでベトナム語を勉強していたので、

 

隣の席のベトナム人達の会話が聞き取れる、という思考

 

私は日本人で、独身で、香港在住の星谷周作という思考

 

ただ思考だけがシュワシュワと立ち上がっているだけ。

 

何から何まで、どこからともなく、突然、ふっと、

 

そういう思考が立ち上がってきているだけなのだ。

 

自分が何かを喋って、相手も何かを喋って、それに対し、

 

自分が怒ったり笑ったり、反応していると思っているが、

 

自分だと思っていたのも、サイダーの泡でしかない。

 

ただ勝手に起こっていて、自分では何も起こせていない。

 

ていうか、私は星谷周作、という思考があるだけなので、

 

個人の私はどこにもない。

 

f:id:shusaku1:20200111001019j:plain

 

簡単にまとめると次のようになる。

 

・心の中のどこを探しても、主体となる自分がいない。

 

・勝手に浮上する思考のみで星谷周作が作られている。

 

・泡のような思考自体には実体はない。

 

・私が実体のない、思考だけの存在なのであれば、

 

 他者も同様に、思考だけでできているはずだ。

 

瓶の底からシュワシュワ湧き出るサイダーの泡同士が、

 

シュワシュワシュワシュワ会話しているだけだ。 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

自分も他者も、過去も未来も、時間も空間も、無だった。

 

自分が乗っているこの飛行機だって、これは飛行機だ、

 

という思考が自分の中に立ち上がったからこそ、

 

飛行機を認識できている。

 

20代の時、ピョンヤンで日本赤軍の人に会った、

 

という思考が、今、ふっと立ち上がってきたからこそ、

 

心の中で、それは確かに起こった、と体感できいる。

 

ふっと立ち上がらなければ、その体験は無であり、

 

自分が意図的にそれを思い出すこともできない。

 

要するに、過去もない。

 

シュワシュワ立ち上がる実体のない思考だけで、

 

これまで自分は生きてきたことになる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

飛行機が唸りを上げて離陸したあとも、

 

自分が消えた状態は続いていた。

 

「なんや。

 

 自分は誰かと会話してると思っているけど本当は、

 

 サイダーの泡同士がシュワシュワやってるだけやん。」

 

 

「じゃあ、実在はなんやろう。僕ってなんやろ。

 

 それで変わらずここに存在する、何かがある感じ。」

 

 

次の瞬間、

 

本当の自分は、いつも変わらずここに在る神だった、

 

という理解が入り、安堵感が満ちてきた。

 

これまで自分は、泡ぶくの方を自分と思い込み、

 

同じ泡ぶくの他者とすったもんだしてきたけれど、

 

そんなものはなく、あるのは神だけだった、

 

そして、その神こそが真の自己なのだった。

 

 

なのでもう、いま、ここに在る神に抵抗せず、

 

起こっているように見えるシュワシュワを、

 

シュワシュワのまま消えてゆかせることにする。

 

シュワシュワを掴んで、

 

「なんでオレってこんなんなんや!」

 

「なんで、こんなことになるんや!」

 

とやる必要もない。

 

 

というわけで、

 

3泊4日のフィリピン出張を終え、家に戻ってきた。

 

マジ眠い。おやすみなさい。

 

 

存在のすべて

f:id:shusaku1:20200108013853j:plain

⇑ これはホテル?それともマンション?

 

まだフィリピンにいる。

 

今日は終日、経理の女の子の席の隣に座り、

 

新キャッシュフローの入力をレクチャーして過ごした。

 

神が入ってからというもの、細かい数字の計算が、

 

とんと苦手になってしまっている僕だが、

 

それでも何とか、入力を完了させることができた。

 

夜は、工場長と焼き肉屋で焼き肉を食べ、

 

早々にホテルへ戻り、神ベッドで休んだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

いま、ここに在る神に抵抗しない。

 

これが神だと認めるなんて、そんなの嫌だあー、と、

 

見えているものを〝わたしのスマホ〟にしたり、

 

〝ダメな自分〟にしたり〝嫌な人〟にしている。

 

もう、神であることだけを受けいれ、それに抵抗せず、

 

どんな、居心地の悪い思いが浮かんで来たとしても、

 

ただ起こるに任せ、見過してやっていれば、

 

それは必ず神へと戻ってゆく。

 

 

いま、ここには、普遍で不変の神の想い(愛)しかない

 

ことだけを見ていると、とても心が平安になる。

 

他人に見えているが、実は神だった周囲の人々が、

 

自分を傷つけたり、悩ませたりするはずがない、

 

というような境地になる。

 

もし、そういう思いが立ち上がってきても、それは、

 

勝手に湧いてきている想いであり自分のものではない。

 

 

それから、他者の反応にクヨクヨしなくなる。

 

 

相手から受けるどんな行為やリアクションに対しても、

 

神からの「愛してるよー」アピールでしかないと分かる。

 

別の言い方をすれば、誰からどう思われたっていい、

 

嘘の自分でみんなから好かれるくらいなら、

 

本当の自分で嫌われた方がマシ、という感覚になる。

 

何か言われて落ち込んだら、それも起きていることが、

 

ただ起きているだけなので、ただ見過ごす。

 

すると、本当は神の想いだったことが理解できてくる。

 

赦しは何もしない、ってこんな感じなのかな、と思う。

 

 

なんか、年末年始の休みで、全然変わってしまった。

 

別段、何をしたわけでもないのに、不思議だ。

 

f:id:shusaku1:20200108013900j:plain

 ⇑ それは中国の豪華客船だった!

       まるでノアの箱舟みたい 

 

というわけで、

 

明日一日頑張れば、香港に戻れる。

 

来週後半から休みに入るので、月末までの仕事を、

 

来週中にセッティングしておかなければならない。

 

怒涛のSWATな一週間の幕開けである。

 

あ、それから、帰国前に、

 

AMAZONでいろいろ買い物をしたり、

 

歯のホワイトニングの予約も入れたりと、

 

もうひと踏ん張り!