香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

お月さまになりたかった話



『お月さまになりたかった話』

一生懸命太陽から離れようとしている金星を

助けたくなったお月様が、

金星に向かってしこたま大きなくしゃみをしたところ、

その弾みで、金星ではなく、お月様自身が、

地球から遠く弾き飛ばされてしまい、気づいた時には、

銀河の果てで、知らない惑星の周りをまわっていた、

という話を、

これまた夕暮れ時のバーのカウンターで、

バーボンを飲んでいた彗星から聞かされた。

「それでお月様はまた戻ってくるのかな」と僕が訊いた。

「さあ、それはどうかねえ。

 新しい惑星をとても気に入っているようだったからね」

 彗星がバーボンをおかわりしながら答えた。

「実は、僕がお月様の代わりに、

 地球の周りを回ってやってもいいかな、

 なんて思ってるんだ。」と彗星。

「おいおい。それはちょっとどうかな」と僕。

「なんだよ。僕では役不足だって君は言いたいのかい」

 彗星がムッとして言った。

「いや、そうではなくてさ。

 ただ、同じところを永遠にぐるぐる回ることに、

 果たして君が耐えられるか、ということだよ」

「ずっと旅を続けることに辟易していたところでさ。

 そろそろひとところに落ち着こうかと思っているのさ」

「それはよく考えたほうがいいと思うよ。

 軌道に乗ったら最後、抜け出すのはほぼ無理だからね。

 そういう意味でお月様は運が良かったというべきだな」

 それから僕たちは夜通し語り合い、明け方になって、

 彗星はふらふらしながら宵の空へと帰って行った。

 彗星に手を振りながら、ふと見上げれば、

 空に白いお月様が浮かんでいるではないか。
 
「おーい。お月様!何で帰ってきたんだい?」

 と、僕はお月様に向かって叫んだ。

お月様は何も答えなかった。

僕は、やれやれ、と大きなため息をつくと、

ひとり家路を急いだ。