香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

呪い(まじない)おばさん

f:id:shusaku1:20210308224249j:plain

 

 

ずっと以前にも紹介した、

 

香港名物〝呪い屋〟のおばさんたちだが、

 

僕の家の近くの高架下でやっていて、

 

それが最近、連日大盛況なのだ。

 

いつ見ても、順番を待つ人の列ができている。

 

だいたい、呪師のおばさんが、幾人かいて、

 

それぞれ独自のやり方でやっているが、

 

僕はよくわからない。

 

お札を燃やしながら、その煙を体に吹きかけ、

 

なにやら呪術を唱えていたり、

 

誰かの名刺をスリッパでたたいたりしている、

 

これは伝統ある香港の文化の一つとして、

 

地域の人たちにも受け入れられている。

 

消えてほしい人を消すだけでなく、

 

自分の邪気を払いに来る人もいる。

 

こう聞くとちょっと怖くなるが、

 

どうせ心の中でずっと思っているのなら、

 

思い切り怨念を出す一種の儀式として、

 

使えるのかもしれない。

 

f:id:shusaku1:20210308224303j:plain

 

 

あ、そうそう。

 

昨日、本棚を整理していたらこんな本があった。

 

『呪い方教えます』という本。

 

陰陽道、修験道、丑の刻参り、古神道など、

 

日本古来の呪い方が詳しく解説されている。

 

この本の冒頭には、

 

読者、術者の身に何か起こっても、著者、監修者

 

出版社は一切責任を負いません、とある。

 

 

僕は20年ほど前にこの本を購入し、

 

貴重な本だったので捨てずに持っていた。

 

(僕は読まなくなった本をポイポイ捨てるタイプ)

 

この本の中に、

 

別れた恋人が戻ってくる呪術、というのがあり、

 

当時大失恋したばかりの僕は、

 

もう藁をも掴む気持ちでやったてみら、

 

本当に相手と寄りを戻せたのだ。

 

面白半分で買った本だったが、いま思えば、

 

すっごく恐ろし事をしていたな、と思う。

 

 

なぜなら、

 

他人に何か負の想いを与えるというのは、

 

自分にそれを与えているのと同じだからである。

 

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

で、さっき、ヤフオクでこの本を検索したら、

 

5,280円になっていた。

 

よっしゃ、1万円になったら売ろう!