香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

御巣鷹山古代インドバージョン



月曜日に引き続き、火曜日も会社を休んだ。

火曜日の朝、普通に出勤しようとしたら、

バスの中でめまいがして、うまく歩けなくなった。

それに、薬を飲んでいる訳でもないのに、

ものすごい眠気に襲われ、これは一日持たないな、

と思い、家に引き返した。

目の奥の方に眠気が集中していて、瞼が重い感じだ。


午前中はベッドに横になり、ずっと眠っていた。

昼からチョイ姐が掃除に来るので、

しばらく近くの喫茶店で時間をつぶした。


めまい、だるさ、眠気、耳鳴り…。

ノイズが入ったみたいに空間が揺らいで見える。、


水曜日、

昨日はよく眠ったので今日はマシになるかな、

と思っていたが、あんまり変わらない。

まあ、家にいても症状は同じだ、と思い出勤したが、

本社が今日からお盆休みなので、助かっている。

小切手へのサインもうまくできない。


辛くはなく、じっとしていれば、

身体がじんじんふわふわして、むしろ心地がいい。

細胞が組み変わっていくようなぞわぞわした感覚。


これって、地球の波動上昇と何か関係あるのかな。


まあ、今週はヒマなので、こんなときは抵抗せず、

無理をせず、静かに委ねながら過ごすことにする。


おっ、やっと、昼休みになったぞ。ちょっと眠ろう…。

夜です。なんとか今日一日乗り切った。

そう言えば、

今日は御巣鷹山日航機墜落の日だったんだね。

当時の僕は、まだ大学生になったばかりで、

塾の講師のアルバイトの帰りに、

別れかけの彼女と、梅田の食堂で飯を食いながら、

テレビでこの報を見ていた。

「わたしらの関係も墜落中やな。」

と言われたのを覚えている。(笑)


福島の震災のときも、台湾で出版社の人と打合せ

をしていて、その内容までちゃんと覚えている。


このように、普段は何月何日に何をしてたなんて、

覚えていないのに、こういう大事件があると、

その日やっていたことを詳細に思い出せたりする。


こういう〝○○事件から今日で何年!〟みたいな

報道があると、時間を横に見ていた当時は、

もう終わったことをいつまでやってんだよ、

という感じで、うざく思っていたのだが、

時間を縦軸で見るようになり、いま、この瞬間に、

〝それ〟が起こっている事実に気づきだすと、

その事件があった日に、自分がやってたことも含めて

きちっと明け渡し、終わらせよう、

という姿勢に変わってきた。


だって、自分もどこかのシナリオの軌道では、

被害者として、彼らをやっていたことが

何度もあるはずだから…。

〝御巣鷹山古代インドバージョン〟

みたいなやつとか…。

それを自分の中にあると思い込んでいる

罪悪感の象徴として捉え、

いまここで、兄貴に削除依頼をすれば、

縦軸のサファリOSの無数のタブが消され、

ものすごい時間短縮が起きる。


人の愚痴や噂話から、世間の大事件まで、

すべてをこういう目線で見るようになってくると、

なんでも〝オイシイ〟と思えてしまう。


そして、最後には、この〝オイシイ〟と思っている

自分が消えるなんて…。

キャーッ! お笑いの世界だよ。


それにしても、

川上慶子ちゃん、いまどうしているんだろう。

幸せに暮らしているかなあ?

スチュワーデスさんたちも、墜落寸前まで、

身を張って乗客の安全のために働いてたんだね。

ほんとうに、頭が下がります。