香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

エゴは質問しかしない


↑天領水がHK$50 (800円) だって。
 一体誰が買うのか?


今日は一日香港事務所で過ごす。

ケリーは休暇で、宇宙人大好き総経理も佛山出張中。

シッピングの女の子と二人きりなのだ。

ケリーがいないので、室温26℃で仕事をする。

半袖ワイシャツのままでいられるなんて。

ああ、なんて幸せっ!


昨夜、

あ〜あ、また今夜もジムでシャワーかあ、

と思いながら帰宅すると、ガスが復旧していた。

ひゃっほーい。


最近、思う。

そういえば、あまり人に質問しなくなったなあ。


これはどう解釈すればいいのか、

あの人が言っているこれは正しいのか、

その問題にはどう対処するべきか…、


コースに関する事にしろ、業務上の事にしろ、

テクニカルな質問以外、

疑問を直接人にぶつけなくなった。

神に自分を丸投げしはじめたからかな?


以前、自分宛ての業務メールが劇的に減ったと、

ブログに書いたことがあるが、その理由も、

これはどういうことだろう、と疑問が浮かんだとき、

誰々さんに訊く、よりも先に、

自動的に神に投げる方へと、

意識が習慣づけられてきたからかもしれない。


例えば、A社の支払いを急いでくださいと、

営業から依頼が来るとする。

以前なら、

支払実行日はいつか、なぜ急ぐのか、

普通送金か電信送金か、

などの質問メールが飛び交っていた。

すると、急ぎなんだから電信に決まってるだろう、

みたいな返しが来たりして〝なんだとー〟となる。


メールの返信をするときや、電話に出る際には、

直前の数秒間、強烈に神に自分を丸投げしてから、

返信したり、相手と話したりするようにしている。

感覚的には、ちょっと、ボーっとしている感じか。


すると、大抵のことは、

はい分かりました、了解しました、

で済むことが分かってくる。

逆に相手のほうから、これはこうしましょう、

と提案してきたりして、おもしろい。


以前は、ハレ師匠に質問ばかりしていた。

「エゴは質問しかしない。」

とハレ師匠は言っていたっけ…。(笑)


まあ、そうは言っても、僕もまだまだ未熟なので、

いつでもそうできるわけではないのだが、

自分でやらない、とはそういうことなのか、

という感覚的なコツは掴めてきたようだ。


明日は日帰り弾丸佛山だ。

丸刈りはくしょん大魔王が待っている。

往復4時間のフェリーの旅。何をしよう?