香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

とある怒り…


↑ナンちゃってリゾートなホテルのロビー。
 なぜかみんなロビーで爆睡。


今日は昼過ぎに佛山入りし、

午後4時から、役員はじめ、弁護士や関係者など、

総勢10名で最終調整のミーティングに入った。


先ず、赦しの日前日の段取りについて話し合った。

明日、僕と海坊主総経理は通常通りに出勤し、

午後4時になったところで、会社の掲示板に、

以下のような〝告示〟を貼りだす。


・明朝9時半より、食堂で従業員大会を開くので、

 全従業員は必ず出席すること。

・今日は残業をせず、定時で帰宅すること。

・その際、全ての私物を持ち帰ること。


まあ、その時点で従業員たちはピンとくるので、

いろいろと僕たちに詰め寄ってくると予測されるが、

その際、彼らの質問には一切答えてはならず、

とにかく、明日の従業員大会に出席してくれ、

の一点張りで押し通す。

それでも納得できず、会議室で集会を開いたり、

乱暴な行動に出る者がいた場合は、

マイクロバスの中で待機している保安警備員に

緊急事態を知らせ、対処してもらう。

そうやって、全員退社したことを確認した後、

海坊主総経理が工場の鍵の総入れ替えをして回る。


とまあ、工場解散前日の予定はこんな感じなのだが、

従業員を刺激しない為に、敢えて弁護士は入らず、

全てを僕と総経理のみで対処するため、

本番の従業員大会より緊張する。


弁護士からは、

最後の施錠の際は必ず警備員と共に回ることや、

財務室に現金を置かないこと、そして、

なにかあればすぐ連絡することなど、

こと細かな注意を受け、会議はお開きとなった。


↑すべてのレストランは夜8時半に閉まる
このミーティングの間、

まるで従業員たちの怒りを代表するかのように、

代表取締役への怒りが湧き上がってきた。


今回、佛山工場でリストラされる人は115人。

3年前の深圳工場の時は250人を解雇した。

みんな、通達を受けるその瞬間まで、

一生懸命、真面目に働いていたひとたちだ。


一体、従業員を何だと思っているんだ!

こうなったのは全部、お前のせいじゃないかっ!


ああ、今回の赦しのテーマはこれかあ、と思った。

三年前の深圳工場の時は、

ただ他者に対する恐怖だけが先立っていたが、

今回は、ありもしない原因を信じ、

怒りのストーリーを社長にぶつけることで、

自己を正当化しようとしている自分を観察してゆく。

そして、そんな自分ごと、聖霊に明け渡してゆく。

で、ようやくミーティングがお開きとなり、

みんなで中華の遅い夕食をとりに行った。

社長は僕の隣でビールを飲みながら談笑している。

このとき、

自分が被害者となって誰かを責めたいがために、

自分を分離させて社長という別人格を作り上げ、

この夢のスクリーンに投影させたのだな、と、

認識しながら食事をした。


↓3年前の大いなる赦しの日の記事はこちら↓
戻ったぜ! - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!


社長という別人格が、自分に返り、

原因も投影元も自分だったのだ、

ということが腑に落ちてくると、

それは全て、神(父)に対する自分の思いだった

ことを思い知った。


それらを全て背後の主体に返し、

あとは兄貴に全てを委ねる。

ここが、自分の見たい夢を見る〝夢見の場〟だった

ことを思い出す。


もう自分は永遠にここから去ってっゆくのだ。