香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

不思議でたまらない


↑今日の香港の気温は6℃。
 お正月ムードがじわじわと…。
 みんな、どこから来て、どこへ行くのか?

ここへきて、

春節前の雰囲気が盛り上がりつつある香港である。

今年の旧正月は2月16日からだが、今回は、

日本へ帰国せず、旅行にも行かないことにした。

というのも、ケリーの後任が決まらなければ、

僕が引継ぎをしなければならないからだ。

で、今年の旧正は、ワインと食料を大量買いし、

家でひとり、完全お籠りを決行することにした。


まあ、ここ最近は、

ケリーの後任を早く決めねば…、

という〝焦り〟と〝イラつき〟は手放し、

もう、俺がケリーの分の仕事もやろう、と、

腹をくくり始めている。


そんなことより、

まずは自分の心の中で何をやっているか、

をようく見つめてみることにする。


早く後任を採用しないと業務がえらいことになる、

こういう人材がよくて、こういう人材はダメ、

と自動的に思い込まされている、

その根源にあるカラクリをようく観察してゆく。


また、心の中の知覚を変えることを、

現実を変えるための道具にしてはいないか、

ということも見てゆく。


もちろん、赦しが進めば現実世界に聖霊が反映され、

平安になるのはしごく自然なことではあるのだが、

ともすると、平安が増せば増すほど、

もっと進みたい、もっとこの状態を維持したい、と、

個の自分の生活がよりよくなるための赦しに、

いつの間にかすり替わっていたりする。


↑ 脂肪を燃焼させるために、今後毎週土曜日には、
  好きなだけ炭水化物を摂取しろ、
  と、トレーナーからの指示を受け、
  昼は餃子、夜はカレー大盛りを食べる。


話は変わって、

なんか、自分は繭の中で暮らしているみたいだ、

と、思うことがある。

自分の繭の中を最高に居心地の良いものにしようと、

これを置いてみたり、あれを集めて見たり、

ここを繕ってみたり、あそこをいじってみたり、と、

常に〝最高の巣作り〟に励んでいる。

繭の一部が崩壊しそうになろうものなら、

もう狂ったように防衛し、修復しようと躍起になる。

しかし、よく考えてみると、繭は必ず崩壊する。

だって、死ぬじゃん!体はなくなるじゃん。

じゃあ、せめて死ぬまでは、

この繭のなかで無事平安に生きながらえていたい、

と思っても、エゴの平安は必ず分離を起こし、

繭の中自体が修羅場と化す。


そもそも、死んだらどうなるかもわからず、

生まれてくる以前に何をやっていたかも知らずに、

一体、自分はここで何をやっているのだろう。

どんなに価値があるように見えるものを獲得したって、

それは過去となり、ただの記憶になり、やがては、

時間や死によってなかったものとなってしまう。


肉体はすぐに老い、すぐに死んでしまうのに、

自分はなんで、ここでこうして頑張っているのだろう。

自分がどこからやってきて、

どこへ行くのかも分からないのに、

なんで、それに対して何の疑問も抱かないのだろうか。



赦しなんちゃら、ワクワクに行動なんちゃらの前に、

これは全部ヤラセだと見抜くこと、

すべて仕組まれていることに気づくこと、

何も分からないが故に、この肉体の自分は、

ただの設定であったと素直に認めること。

これが決定的に大事である。


本当は、そんなの、

ちょっと冷静になればすぐにわかることなのに、

だれも口にしないし、考えもしない。

本当に不思議なことだと思う。