香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ひとつの心


↑ ひとりカレー。これが佛山での最後の夕食。
 
今朝、出勤途中の地下鉄の中で、気づきが訪れた。

そのとき、僕は座席に座っていたのだが、

周囲の人たちを何となくボーっと眺めていたとき、

〝ああ、そうか。 これはみんな、自分も含めて、

ひとつの心の無数の側面にすぎないんだ。〟

ということが、ストン、と理解できたのだ。

そのとき、僕は、心そのものとなっていたと思う。


スマホをいじっているOLさん。

眉間に皺を寄せて一点を見つめるスーツの男性。

大陸からのおのぼりさんの集団。

大きな荷物をいくつも抱えるクーリエのおばさん。

そして、ケリーの後釜はいつ現われるのか、と、

あれこれ考えてながら電車に揺られているボク。


全員、ひとつの心の分離した側面でしかない。

ひとつの心だけがあり、無数の他者は、

分離したように見えるけれども、

ただ、ひとつのなかの別の側面として表層に

現われているに過ぎず、今でもひとつだ。

喩えるなら、自分の体の一部を見ているのと同じだ。

なので、相手を叩けば、自分を叩くことになり、

外界として顕れている自分の中を赦すことによって、

相手は癒され、心へとひとつに統合される。

そうやって、自分もまた統合され、幸せに消えてゆく。


また、その過程に於いて、

断片を心へ返すことを意思するのは自分であり、

統合を行なうのは、聖霊である。


文字で書くと、どうしても、スピ本などでよく聞く、

ステレオタイプの言葉にならざる負えないのだが、

今朝は、本当に震えが来るほど、

それを本当にそうであると、リアルに体感できた。

正直、こんなの、言葉で説明するのなんて無理だ。


 ↑ 広州東駅の天窓。
  こんなにきれいなのに、誰も天を見上げない。
  美しいものがここあっても、
  見る意思がなければ見られない。
  聖霊兄貴もここにいるのに、
  繋がる意思がなければ繋がれない。


ケリーの後任探しの旅は続いている。

今は旧正前だからか、これだ、という人材が来ない。

やっと面接をアレンジしても、ドタキャンされたりする。

これまで三人ほど面接をしたが、なんか違う。

100のワクワクじゃない。(←ここ、笑うとこです。)

来週中には決めないとやばいかも、という想いを、

これは、父から離れたと思い込んだときの、

絶望感から来るパニックを反映したものとして捉え、

しばらく感じてから兄貴へ返していく。

面接中も、相手を、自分と同じひとつの心の、

側面に過ぎないと捉え、赦し、兄貴へと戻してゆく。


もう何十年も人事をやっているが、

こんなにも人が採れないのは初めてだ。

一年ごとに職を変えている人だったり、

必要なのは財務の経験者なのに、総務経験者だったり、

もう、本当に笑っちゃうくらい、

的外れな履歴書ばかりが来るのだ。

僕は、職務経歴書と履歴書を見ただけで、

その人がどんな性格で、

うちの会社に合う人材かどうかを見抜くことができる、

という特技を持っているのだが、今回だけはもう、

面接に来てもらっても、一目で「あああ、ちがう。」

と分かる人ばかりなのである。

決して本人のキャリアを否定しているわけではなく、

もう最初の五秒でうちの会社に合わないと分かる。

本当に、わざとらしいほど、一人もいない。


それでも、これもひとつの心の別の側面で、

もとはひとつなのだ、と、

履歴書の一つ一つを赦し、兄貴へと昇華させてゆく。


この夢の現実を、

新人採用のために使うのではなく、

心の中を見て赦すためだけに使っていく。

てか、人材自体が来ないんだもん、

そうするしかないじゃんっ!かーぁっ!

(↑ to 兄貴)