香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の気配

f:id:shusaku1:20210320013213j:plain

 

 

〝神に気づいている感じ〟を説明するのは難しい。

 

しかし、敢えて言うなら、

 

第一志望の会社から採用通知が来たときの、

 

やったーぁ、と小躍りした時の感じ?

 

女の子なら、好きで好きでたまらない彼から、

 

結婚して下さいと言われた瞬間、心の中で、

 

よっしゃーっ、とガッツポーズをとった時の感じ?

 

好きな人と愛し合っている時の幸せな感覚?

 

スポーツをする人なら、試合でメダルを獲って、

 

うおおおおーっ、と涙しているときの高揚感?

 

 

または、そんなに大げさなものでなくても、

 

お気に入りの何か…う~ん、例えば、

 

お気に入りの愛車に乗って悦に入っている時や、

 

大好きな歌手の歌を聴いて感動している時、

 

または、大好物のものを食べて、うっめーっ、

 

となっている時、などに感じる至福感?

  

 

こういった時に感じる法悦感(エクスタシー)は、

 

仕事中や食事中、普段の生活の中で、

 

常に体の中を流れているのだが、

 

僕たちは何か特別なことが会った時にしか

 

感じることができない。

 

というか、感じようとしない。

 

その、自分の中でいつも当たり前に流れている

 

そわっとした感じ、に気づくことが、

 

神の気配に気づいていることだ、と言える。

 

 

f:id:shusaku1:20210313152643j:plain

 

 

そして、その法悦感を通して外界を見ると、

 

全てに神のエクスタシーが顕れているように思え

 

世界がまるで自分の味方になったように感じる。

 

 

僕の場合は、最初、日常生活の中で、

 

この感じに意識的に気づいていくことで、

 

神の気配に入っていった。

 

というのも、この感じは、言葉では説明できず、

 

ずっと自分の中に流れているものなので、

 

ちょっと現実に没頭しただけで、

 

〝それ〟だと気づけなくなる。

 

 

乗り遅れそうになった巴士に間に合った時とか、

 

クレミアのソフトクリームを口にした時とか、

 

何気ない冗談に思い切り笑っている時とか、

 

マッサージをしてもらっている時とか、

 

自分の家のリビングで小説を書いている時とか、

 

普段は、ラッキー、美味しかった、気持ちよかった

 

で通り過ぎてしまう、今、この瞬間、背後に流れる

 

形容しがたい〝悦な感じ〟、

 

これに、意識的に気づいていくようにしたのだ。

 

 

また、逆に、相手にすっごくムカついて、

 

「あいつ、むかつくーっ!腹立つぅーっ!」と、

 

思い切り怒りを発散させている時、

 

その裏に流れている〝怒りのエクスタシー〟

 

にも気づき、感じるようにした。

 

 

でも、この〝神の法悦感〟は、

 

意識的に感じようとしないと気づけない。

 

なぜなら、僕たちは、

 

〝美味しい〟をケーキが美味しい、にしてしまい

 

〝ムカつく〟をアイツにムカつく、にしているので

 

背後に在る、本当の〝悦〟に気づけないのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうして、背後に神の気配が復活し始めると、

 

愛の循環が始まり、世界が一変してしまう。

 

怒っていても、不安がっていても、沈んでいても、

 

それらを神の感覚としてしか知覚できなくなる。

 

そうなのだ。

 

あなたが感じている、鬱々感、喪失感、切なさ、

 

なども、全て〝神の悦〟なのだ。

 

それが神由来であるがゆえに嫌っている。

 

神の気配を感じ、イヤやイヤや、と逃げている。

 

ネガティブな感情も、嫌がるのではなく、

 

抵抗を止め、認め、そのまま許容するしかない。

 

それが、神を受け容れる、ということである。