香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

星々の悲しみ


↑昼下がりのカフェで読書とウツボカズラ

連休2日目。

久々にジムで身体を鍛えた。

1時間たっぷり筋トレをし、

ストレッチエリアで瞑想をした。

それから、ゲイリーの3冊目を読もうと、

パシフックコーヒーに入った。

赤いベルベットのソファに腰掛け、

本を取りだしたところで、

眼鏡を忘れてきたことに気付いた。

でも、赦して、ぼやける文字を追っていると、

だんだん慣れてきて、近距離にピントが合ってきた。

なあんだ。眼鏡がなくても読めるじゃん。

と、読書に没頭する。


あの陽気なゲイリーが、

コースの大御所教師たちから、

かなり陰湿な〝いじめ〟を受けてたらしい。

大御所教師、というところが笑える。

「おいおい、大御所ならさっさと赦せよ。」

って話だ。


それから、

3冊目でもやっぱりパーサは相変わらず…。

話…、引っ張る、引っ張る。

病気の治癒について語り始めたのだが、

「それについては、また今度話してあげます。」

「でもそれは、おいおい話すことにするわ。」

いま言えぇーーーっ!

今度話すんやったら、いま言うなあぁーーーっ!

ぜーぜー…。


というわけで、

ゲイリーが 星際旅行(星間テレポート?)によって、

宇宙へ連れ出されるところまで読んだ。

暇そうに巡回するプレアデス人のでかい宇宙船を見て、

ふるっ、と叫ぶゲイリー。

宇宙戦争って、宇宙人同士がドンパチやるのか

と思っていたが、そうではなく、

本当は太陽系のような星系そのものが、

放射能を放ったり、ブラックホールを使ったりして、

他の星系を攻撃しているらしい。

人や宇宙人ではなく、惑星そのものが

攻撃し合っているんだって。


読書に没頭しているうちに2時間も経ってしまった。

カフェを出て、家の近くの書店に寄ってみた。

新時代(ニューエイジ/精神世界)

のコーナーがかなり充実していてビックリした。

量子天使療法という本があり、

大天使ミカエル推薦とある。すごい!

あっ、量子と言えば、

聖霊と量子は同じものなのではないか、

と最近思いはじめている。

量子は聖霊の象徴と言うか、

聖霊がさまざまな幻想を削除して行く際に使う

ツールのようなものなのかな、と思ったりする。


↑ジムのストレッチルームから

昨夜からそうなのだが、家にいると、

ずっと妙な音が聞こえてくる。

発信源は定かでないのだが、

ホラ貝を吹いているような、ホルンのような、

ヴゥゥーーー、と低く唸るような音が

ずっと流れているのだ。

普通に生活しているときには分からず、

静かに部屋で読書なんかをしていると聞こえる。

近所のエアコンの音?モーターの音かなあ?

いや、違う。そんなに嫌な音ではない。

アパートの中から発せられている感じでもないし、

何だろう、これ。


まっ、いいや。明日も休み。

お籠りは続く。