香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

過去からの影法師


↑ ケリーとふぁちゃん。

先週金曜日、もうすぐ年越し(旧正月)ということで、

香港の国境を歩いて抜けた中国側の街、深圳で、

香港事務所と中国側スタッフの合同忘年会を行なった。

ふぁちゃんが香港側へ来られないため、

中国での開催となった。

また、今回はケリーの送別会も兼ねていた。

みんなでワイワイガヤガヤ、楽しい宴会となった。

酔っぱらって家に着いたら、日付が変わっていた。


まあ、そんなこんなで、今年もいろいろあり、

全部、記憶となって消えて行ってしまったが、

やっぱり働くって楽しいな。

来年はどんな兄弟に会えるかも楽しみ!


↑ 香港との国境。羅湖(ローウー)のイミグレ

というわけで、ここへ来て、

兄弟たちに対するキュンキュンは増すばかりである。

どんな人に対しても〝好きだよ〟が溢れ出てくる。

あまりに有り難いので、誰かに会うたび、

合掌しながら軽く頭を下げたりするほどだ。

もちろん、相手を驚かせないよう、

心の中だけで手を合わせることもあるが、

大抵は、実際に合掌しながら頭を下げている。

それはもう、同僚や友人はもちろんのこと、

電車に乗り合わせた人やお店の店員さん、

喫茶店で隣に座っている人に至るまで、

あらゆる人にそうやっている、というか、したくなる。


やがて、自分の見ている心の中(現実世界)が、

神で満たされているのを感じはじめる。

神の子には、そこが幻想の世界であってさえ、

神を反映させるだけの力があったのだ、

と、改めて思い知らされる。

まあ、よくよく考えてみれば、

自分はもともと神の子なのだから、

その神の子が手を合わせたものに神が宿るのは、

当然と言えば当然である。


別に合掌など、しても、しなくてもいいのだが、

それは謂わば、

相手の中にある正しい心の部分を選び、見つめる、

自分流の儀式でもある。


そして、


〝エゴが表面で私に見せているウソは信じない。

 エゴに神の愛を破壊する力などない。

 そんな力はお前(自我)にはない。

 なぜなら、お前など存在せず、

 故に、お前にはなにも起こせない。〟


と、相手の肉体の表面にべちゃっと貼りついて、

ぴこぴこやっているエゴの心を笑い飛ばしてゆく。


↑ 香港から中国側へ国境を渡った途端、
  建物の色彩や人々の顔つきがガラッと変わる。
  あやこさん流に言えば「周波数が変わった。」
  といったところか。

そんなことをしていると、

嫌な人が一人もいなくなってしまった。

多分、相手は何にも変わっていないのだろうが、

先日の〝住所抹消事件〟の日本人顧問のような、

一見、攻撃してくるように感じられる人も、

笑顔で接してくれる人も、一様に有り難い。


以前は 「キミもう辞めたら?」などと、

部下に暴言を吐いていたあのコンババ管理部長も、

ある時を境に、急に敬語を使い始めたりしたので、

前回の東京出張の折、一緒にメシを食ったときに、

「最近、人との接し方を変えました?」と訊いたところ、

「いや別に。僕は前から敬語を使ってましたよ。」

と言われた。


会社にいてこの状況は、ある意味、奇跡だと思う。

ひょっとしてこれが〝愛の延長〟なのか?


あなたは兄弟に差し出すものを聖霊に差し出している

と、コースのどこかに書いてあったが、

自分が兄弟に差し出す以上のものを、

聖霊兄貴は与えることができない。

なので、聖霊兄貴とつながりたければ、

兄弟を兄貴と同じものとして接するしかない。

なぜなら、実際それは同じものなのだから…。