香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いまが好き!


↑ お正月の花。桃の花と黄色い花と南天の実。

春節の休暇が始まった。

香港は5連休で、僕は有休を取り6連休である。

食料品も、ワインも、ラム酒も、大量調達したので、

家でお籠りしながら、一日中創作をしたり、

奇跡講座のテキストを読んで過ごすことにする。

あとは、テレビで羽生選手の演技を見て、

昼は、時々ジムで自主トレをしながら、

思い切り〝自閉生活〟を楽しむつもりである。

ただ、うだうだと無為に今を過ごしてしまわないよう、

スケジューラーでちゃんと計画を立ててやってゆく。


それにしても、羽生選手のSPすごかった。

もう、絶対王者って感じで…。

フィギュアスケートが多くの人を魅了する理由は、

陸上や水泳など、速さを競うだけの競技や、

サッカーや野球など、対戦形式のスポーツと違い、

〝演技を通して表現する〟という点にあるのだろう。


でも、今期のオリンピックを見ていて、

「日本勝った!やったあ!日本負けた、何やってる!」

という想いが、全くなくなっていることに気づく。

真央ちゃんが活躍していた2010年頃は、

キムヨナが転ぶと手を叩いて喜んだものだが、

今はもう、国家のアイデンティティによって、

応援する選手を決める、というのがなくなっている。

まあ、日ごろからテレビとかでよく観る、

日本の選手の方に親しみを感じるというのはあるが…。

と言うわけで、ここへきて、

エックタルトが言う〝いま〟を再考している。

「エックタルト大好き!」だった5年前は、

もうひたすら〝いま、いま、いま〟だけで突き進み、

今に在ることだけに意識を集中させて、

ヘトヘトになっていた(笑)わけだが、

この世界が夢だと完全に看破してからというもの、

〝いま〟にいることの本当の目的というか、

重要性が理解できてきた。


それは、

隠れた心のどの部分が投影されているかを、

今に在ることによってちゃんと認識する、

ということである。

というのも、今にいないと、

赦しの最初のステップである〝捉える〟

ということができないことに気づいたのだ。


今の僕には、眼前に現れてくる人や事象が、

全て自分の心の中だけで起こっている物語

のように映っているので、僕の毎日はもう、

ただそれを咎めずに観て赦してゆくだけである。


誰を見ても、どんな出来事に遭遇しても、それは、

自分の心の中を代表するものとして捉えられている。


せっかく〝さあ、早く俺を赦して終わらせろよ!〟と、

現実のスクリーンの上に出てきてくれているのに、

エゴのおしゃべりに気を取られるにまかせ、

ただ、ぼーっとしていてはもったいない。

そうやって、僕にとっての〝いま〟は、

自分の心の中を赦す絶好の機会となっている。