香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

鳩の群れからの脱出

f:id:shusaku1:20200823013622j:plain

 

居たいと思っていない場所に無理に居続けるのは、

 

神の子である自分の聖性を否定することになる、

 

と、ここへきてようやく理解が起きている。

 

 

というのも、ハートを感じ、神の想いに気づいて、

 

愛が循環しまくっているにもかかわらず、時折、

 

思い出したように、ちょとした事をきっかけにして、

 

不安感や恐怖感に襲われるのはなぜだろう、

 

と、ずっと不思議に思っていた。

 

 

普段、僕が感じる不安や恐怖というのは、主に、

 

職場(仕事)を通してもたらされるのだが、

 

日々の業務の中で、何かの問題に直面すると、

 

〝何て言われるかな、できるかな、やりたくないな〟

 

という想いが、シュワシュワと立ち上がり、そこから、

 

みぞおちが〝びゅんびゅん〟鳴り始めるのだ。

 

 

プライベートであれば、会いたい人、行きたい場所、

 

やりたくないことを自分でコントロールできるが、

 

これが、会社だと、そうはいかない。

 

苦手な人が一日中自分の前に座っていたり、

 

やりたくないことも期日までに終わらせねばならず、

 

逃げることができない。

 

 

それでも、ここのところは、ずっと愛の中にいて、

 

誰に会っても愛としてしか見れなくなっていたので、

 

余計に、この周期的にやって来る恐怖や不安感、

 

といった感情が、際立って感じられるようになった。

 

 

それで、解かった。

 

違和感を感じるのは、好きではない場所で、

 

好きではない事をしているからなんだ、と…。

 

自分の〝本質〟と合わない場所で、

 

自分の〝本質〟にそぐわない事をしているせいだ。

 

f:id:shusaku1:20200823013612j:plain

 

いや、これまで、僕にとっての職場は、

 

好きではないが、特別嫌悪する場所ではなかった。

 

香港で仕事をするのはそれなりに楽しいし、

 

組織という形態に慣れ親しんでもいて、

 

何をどうやればいいかも心得ている。

 

それにうちの会社の環境は決して劣悪ではない。

 

定年までやろうと思えば、たぶんやれると思う。

 

それに、どんな仕事にも問題は付きものだ。

 

 

しかし、神に気づき、心が癒されてくると、

 

これまで、普通に安定していられた場所が、

 

なんか、居心地の悪い場所に感じられてくる。

 

本当の自分は意識ではなく神と同じ霊であった、

 

という自覚が深くなればなるほど、

 

まったく場違いな場所に居るような気がして、

 

強烈な違和感というか、不一致感を覚えるのだ。

 

 

 

〝本心では、ここに居る自分を憎んでいる〟

 

〝本心では、ここに居たくないと思っている〟

 

〝本心では、この人達とは合わないと知っている〟

 

 

それでも、

 

「いや、ここがすでに天国なんだ」とか、

 

「自分が天国にいることを思い出すだけでいい」

 

といった、無意識的な〝言い聞かせ〟のもと、

 

今自分のいる場所が変わることを望んでいた。

 

 

しかし、神が常にここに在ることを感じているいま、

 

もう、怖いものなど何ひとつない。

 

そうなると、不安を誘発するような出来事も、

 

ほら、もっと君にふさわしい場所へ行けよ、と、

 

兄弟が愛で後押ししてくれているように感じられる。

 

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 この夢の世界に、

 

真の居場所など無いのかもしれない。

 

それに、本当の自分はここにはいない。

 

そんなこと、知ってる。わかってる。

 

だからこそ、自分の中の内なる神の感覚に従い、

 

真の自分が反映された場所にいることが、

 

とても重要だと思うのだ。

 

 

というわけで、コロナ禍が落ち着いたら、

 

僕はもう組織の人間ではなくなっているだろう。

 

この年齢になってようやく自分に、

 

あるがままで24時間生きる許可を出せたのだ。

 

 

なぜなら、今回の〝移行〟は、

 

今いる場所よりもっとより良い場所へ…、とか、

 

逆に、変化するのが怖いから動きたくない、

 

といった、今を嫌悪したり、

 

未来への不安からのものではなく、

 

愛と感謝と深い安心感に基づいたものだから…。

 

 

なので、今後のコロナが収束するまでの期間は、

 

新たな場面転換への準備を進めていくことになる。

 

 

その手始めとして、先ず、することは、

 

無駄遣いを止め、貯金をしまくることっ!

 

(👆 たぶん無理 by 兄貴)