香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦す前に受け入れる(6月4日)

f:id:shusaku1:20210529153605j:plain

 

(6月4日の下書きより~)

 

聖霊兄貴に、

 

明け渡したり、委ねたりする前段階として、

 

〝受け入れる〟があることに最近気づいた。

 

そして、受け入れるとは、力を抜いて、

 

あらゆる抵抗をやめることだ、ということにも…。

 

 

そんなこと言っても、自分はもう50歳だし…。

(若かったらやるんだけどね…)

 

そんなこと言っても、自分は子供いるし…。

(子供がいなければ行くんだけど…)

 

あの時やっとけばよかった…。

(母親に反対されたからねえ…)

 

ちゃんとやれなかったらどうしよう…。

(もっと早くから準備しておけばよかった…)

 

 

しかし、そうすると選択したのは自分だ。

 

母親や子供のせいにするのは、

 

母親や子供に失礼というものだ。

 

 

起こることを母親や子供や状況のせいにして、

 

抵抗している自分に気づき、

 

どんな言い訳も、どんな後悔も、どんな不安も、

 

自分の想いの全てを力強く認め、受け入れる。

 

この行為があって初めて、

 

聖霊兄貴に、間違った思いの修正を依頼できる。

 

 

今に在り、自分に気づき、神に開いて、

 

ただただじっとしている。

 

それは何の行動も起こさないことではない。

 

もし、自分が誰かに何かを言って騒動になったら、

 

もし、自分で決めてやったことが大ハズレだったら

 

そこから出てくる想いを受け入れ、じっとしている。

 

何かのアクションを起こすのは、

 

じっとそれを見つめ、起こっていることに気づき、

 

受け入れる、と力強く凛と決めてからである。

 

 

だから、

 

モヤモヤした葛藤が出てきて、即座に兄貴ぃー!

 

ではない。

 

先ずは、自分で想いと真正面から対峙し、

 

大丈夫、それでいい、絶対に君は悪くない、と、

 

先ずは自分が自分に宣言する。(兄貴ではない)

 

起こってない、世界は無い、はその後のことだ。

 

 

自分の想いを受け止めてやれるのは

 

他でもない、自分だけである。